ドメイン名とDNSの管理とは

ドメイン名をWebサイトやメールなどに利用するには、DNSサーバが必要です。ドメイン名と共に、ドメイン名を管理するDNSサーバのホスト名及びIPアドレスをレジストリに申請し、レジストリのデータベースに登録されてはじめてドメイン名が有効になります。

DNSサーバを設置するには専門知識が必要です。DNSサーバは、ドメイン名の問い合わせに対してIPアドレスを答える役割を担っているため、24時間365日休むことなく稼働しなければなりません。また、ドメイン名とIPアドレスを対応づけるデータベースの情報を常に最新にしておく必要があります。

以下のように、ネットワークの構成が変更になった場合は、ゾーン情報(DNSレコード)の編集が必要です。

  • 会社のWebサイトを公開する
  • 組織変更でサブドメインが必要になった
  • サーバを増設してIPアドレスが変更になった

自社でDNSサーバを運用することもできますが、手間やコストを省くため、多くの企業がDNSサーバの運用をアウトソーシングしています。

登録したドメイン名を維持することが目的であれば、DNSサーバは必要なく、常時行う作業はありません。WHOIS情報(ドメイン名の登録者情報)に変更があった場合は、レジストラ(ドメイン名登録業者)に連絡します。また、ドメイン名には有効期限があるため、期限が近づいたら更新手続きをします。