基本的な使い方

【注意】

  • この機能はIIJ Webハイグレード2サービスでのみご利用いただけます

メールフォームを動作させるためのファイル一式(以降ファイルセットと呼びます)をアップロードするだけで、データ入力用のWebページを作成できます。
このメールフォームには、入力者が内容を確認した上で送信を行うための確認画面や、入力されたデータの形式を事前にチェックするエラー画面等も含まれています。

ファイルセットの準備

zip形式で圧縮されたファイルセットを以下に用意しておりますので、こちらをダウンロードしてください。

  • メールフォーム用ファイルセット:fileset_mf.zip

ダウンロードしたファイルセットを展開すると、8個のファイルが収められたフォルダになります。
このフォルダ名は変更可能です。なお、フォルダ名に使用できる文字には制限がございますのでご注意ください。

ファイルセットの設置

お客様ディスクエリアのdataフォルダの中にformという名前のフォルダが設置されていますので、ファイルセットを収めたフォルダをこの中にアップロードしてください。

【注意】

  • ファイルセットは必ずformフォルダ直下に設置してください。それ以外の場所にファイルセットを設置してもメールフォームは動作しませんのでご注意ください

メールフォームへのアクセス

メールフォームのあるWebページのURLは、ファイルセットが収められているフォルダ名に応じて、以下のような形式のものになります。

http://ご契約ホスト名/cgi/form/フォルダ名
【参考】

  • SSLサーバ証明書をインストールしているお客様は、https://ご契約ホスト名/cgi/form/フォルダ名というURLで閲覧することで、メールフォームからの送信にSSL/TLSを用いることができます

入力データのダウンロード

メールフォームに入力されたデータは1日ごとにまとめられ、管理対象サービスのlogsフォルダに設置されます。
入力されたデータのファイル名はファイルセットが収められているフォルダ名に応じて次のような形式のものになります。

当日入力されたデータ
form_フォルダ名.csv
前日までに入力されたデータ
form_フォルダ名.年月日.csv