Directory Syncのセットアップ

新しいバージョンのDirectory Syncをインストールします。Directory Syncのソフトウエアは、IIJサービスオンラインの「マニュアル・ダウンロード」からダウンロードしてください。

Directory Syncのインストール

Directory Syncを定期実行させるホストにログオンします。

Directory Syncを/opt/に展開します。

# tar -xvzf IIJ_ID_Service_Directory_Sync.tar.gz -C /opt/


Directory Syncのインストールフォルダへのアクセス制御を設定

必要に応じて、DirectorySyncを実行させるユーザに対してDirectory Syncがインストールされたにパーミッションの設定を変更してください

例) ユーザ iij-taro に対してDirectory Syncが実行できるように設定します
# chown -R iij-taro:iij-taro /opt/IIJ_ID_Service_Directory_Sync/


Directory Syncの設定ファイルを編集

Directory Syncの設定ファイルの編集方法については、「設定ファイル」をご覧ください。


ジョブスケジューラへDirectory Syncのタスクを登録

cronにDirectory Syncを登録します。

ジョブの実行する時間は、お客様の環境にあわせて適切な選択をしてください。

例) 毎日3:30にDirectory Syncを実行する
### ジョブを登録
$ (crontab -l; echo "30 3 * * * /opt/IIJ_ID_Service_Directory_Sync/bin/normal_mode.sh") | crontab -
no crontab for iij-taro

### ジョブが登録されていることを確認
$ crontab -l
30 3 * * * /opt/IIJ_ID_Service_Directory_Sync/bin/normal_mode.sh