トラブルシューティング

ここでは、Directory Syncのイベントログごとにその原因とその対処方法を解説します。

イベントIDレベル
メッセージ
 
原因
対処
12289error

[概要]
コンフィグエラー

[詳細]
Error file : (設定ファイルのパス)

設定ファイルに問題があります設定ファイルが正しく記載されていることを確認してください

12290

error

[概要]
コンフィグ文法エラー

[詳細]
Error file : (設定ファイルのパス)
(エラーの詳細)

設定ファイルの構文に問題があります設定ファイルが正しく記載されていることを確認してください

12545

warn

[概要]
Active Directory/LDAPサーバに接続できませんでした
[詳細]
(エラーの詳細)

接続に失敗したActive Directory/LDAPサーバがあります

設定ファイルで以下の項目が正しく設定されていることを確認してください

  • ldapのaddresses, port, user, password, base_dn

Active Directory/LDAPサーバが正しく動いていることを確認してください

LDAPSでの接続を有効にしている場合は、Active DirectoryのLDAPS設定が正しく設定されていることを確認してください

error[概要]
Active Directory/LDAPサーバに接続できませんでした

[詳細]
Could not Connect to ALL Active Directory/LDAP Server :(LDAPサーバのIPアドレス)
全てのActive Directory/LDAPサーバへの接続に失敗しました

設定ファイルで以下の項目が正しく設定されていることを確認してください

  • ldapのaddresses, port, user, password, base_dn

Active Directory/LDAPサーバが正しく動いていることを確認してください

LDAPSでの接続を有効にしている場合は、Active DirectoryのLDAPSが正しく設定されていることを確認してください

12546error

[概要]
Active Directory/LDAPサーバから取得したユーザをキャッシュに保存できませんでした

[詳細]
[ERROR] [LDAP USER] externalId is duplicate.Previous: (ユーザ名), Next: (ユーザ名)

外部IDが重複したユーザが存在します

ユーザの外部IDが重複しない属性値を設定してください

error

[概要]
Active Directory/LDAPサーバから取得したユーザをキャッシュに保存できませんでした

[詳細]
[ERROR] [LDAP USER] userName is duplicate. Previous: (ユーザ名), Next: (ユーザ名)

ユーザIDが重複したユーザが存在しますユーザIDが重複しない属性値を設定してください
error

[概要]
LDAP サーバから取得したグループをキャッシュに保存できませんでした

[詳細]
[ERROR] [LDAP GROUP] externalId is duplicate. Previous: (グループ名), Next: (グループ名)

外部IDが重複したグループが存在しますグループの外部IDが重複しない属性値を設定してください
error

[概要]
Active Directory/LDAPサーバから取得したグループをキャッシュに保存できませんでした

[詳細]
[ERROR] [LDAP GROUP] displayName is duplicate. Previous: (グループ名), Next: (グループ名)

グループ名が重複したグループが存在しますグループ名が重複しない属性値を設定してください
12548error

[概要]
LDAP のフィルタの文法に誤りがあります

[詳細]
(エラーの詳細)

LDAPフィルターの構文に問題があります 設定ファイルで以下の項目が正しく設定されていることを確認してください
  • LDAP filter

12549

warn

[概要]
コンフィグの設定値に誤りがあります

[詳細]
(エラーの詳細)

設定ファイルの値に問題があります設定ファイルの設定値に誤りがないか確認してください

12550

error

[概要]
プロビジョニング対象のユーザがいません

[詳細]
[ERROR] [LDAP USER] No provisioning user error. Please confirm LDAP Setting.

プロビジョニング対象のユーザが1人もいません

設定ファイルで以下が正しく設定されていることを確認してください

  • base_dn
  • LDAP filter
  • userのad_bind, exclude

12818

warn

[概要]
ユーザとグループの関連付けに失敗しました

[詳細]
Please, remove this characters (";?|`) from group name. (User.sAMAccountName : (ユーザ名) :Group.DN : (グループのベースDN))

グループ名に利用できない文字があります

グループ名から以下の文字を除いてください

  • ダブルクォーテーション "
  • セミコロン ;
  • クエスチョン ?
  • バーティカルバー |
  • グレイブ・アクセント `
warn[概要]
ユーザとグループの関連付けに失敗しました

[詳細]
[LDAP USER]
Could not have user belonging to group. ((ユーザ名) : (グループのベースDN))
ユーザが所属するグループが存在しません

ユーザの所属するグループがbase_dnの範囲内であることを確認してください。

14596error

[概要]
異常終了を検知しました

[詳細]
Please execute recovery mode.

Directory Syncの異常終了を検知しましたリカバリーモード(recovery_mode.bat)を実行してください
14599error

[概要]
ロックファイルの作成に失敗しました
 
[詳細]
Lock file path : (ロックファイルのパス)

ロックファイルの作成に失敗しましたリカバリーモード(recovery_mode.bat)を実行してください