サービス提供構成

本サービスの基本的な提供構成と仕様を示します。本サービスは標準で冗長構成を提供します。

物理構成とインタフェースお客様機器で選択可能なインタフェース種類及び設定
Type-A、Type-C、及びType-D
1対1接続

  • 収容スイッチそれぞれにお客様ルータが1台ずつ接続する構成
網型接続

  • 収容スイッチにキャリア回線を終端し、そのキャリア網に複数のお客様ルータが接続する構成です。
  • 本構成はType-C及びType-Dでのみ提供できます。
  • 境界セグメント追加オプションをご契約の場合に限り、Bポートにキャリア回線を終端できます。

以下の仕様で、お客様に弊社収容スイッチのインタフェースを割り当てます。

項目内容
IIJ収容設備提供インターフェース1000BASE-T1000BASE-LX10GBASE-LR
提供コネクタ形状/ケーブルRJ-45コネクタ/UTP CAT5e以上SCコネクタ/シングルモード ファイバ2芯 1条
提供ポートAポート及びBポートを1ポートずつ割り当てます
お客様機器選択可能なインタフェース種類10BASE-T100BASE-TX1000BASE-T1000BASE-LX10GBASE-LR
選択可能なコネクタ形状RJ-45コネクタSCコネクタ/LCコネクタ
選択可能なSpeed/Duplex設定10/Full(固定必須)100/Full(固定必須)1000/Full,Auto/Auto(Auto/Autoを推奨)Auto Negotiation全二重固定

以下は、提供データセンター及びご契約品目と、お客様ルータが利用可能なインタフェース規格の対応表です。

提供データセンター品目構内回線接続キャリア回線接続

10BASE-T

100BASE-TX
1000BASE-T1000BASE-LX

10GBASE-LR

要相談

10BASE-T
100BASE-TX

1000BASE-T1000BASE-LX

10GBASE-LR

要相談
札幌東DCType-C
白井DCCType-C××
練馬DCType-A
Type-C
池袋DCType-A
Type-C
三鷹DCType-C××××××
横浜第2(都筑)DC

Type-C

Type-D
××
名古屋※1Type-C××
名古屋中2Type-C
堂島DCType-C

×

×××××
心斎橋DCType-C
高津DC


Type-A

Type-C

Type-D
松江DCPType-C××××××
広島Type-C××××
福岡空港DCType-C

※1:現在新規受注を停止しています。


本サービスにてお客様ラックにメディアコンバータを設置し、RJ-45コネクタを提供します。

メディアコンバータ利用時の構成は以下のとおりです。

お客様ルータ側メディアコンバータの仕様は以下のとおりです。

項目内容
インタフェース種類

収容設備側:SCコネクタ

お客様機器側:10BASE-T/100BASE-TX RJ-45コネクタ
お客様機器で選択可能なインタフェース種類及び設定

Speed/Duplex:

10BASE-T:10/Full,Auto/Auto

100BASE-TX:100/Full,10/Full,Auto/Auto
電源100V電源(JISC8303)
設置方法棚板設置(ラックマウントはできません)
Type-B

インターネット経由での接続となるため、物理接続はありません。

※ただし、弊社が認定するサービス機器を利用する必要があります。詳しくは営業担当にお問い合わせください。

Type-S

※Type-Sで利用可能なインタフェースはSINETの仕様に準じます。

論理構成とアドレッシング

本サービスは、IPv4アドレスのみ対応しており、IPv6アドレスに対応していません。

Type-A、Type-C、Type-D及びType-S
冗長化プロトコル

収容ルータは冗長化プロトコルとしてHSRPまたはVRRPを利用します。

境界セグメントでお客様ルータが以下の冗長化プロトコルを利用する場合は、IDが収容ルータと重複しないように設定してください。

プロトコルID収容ルータ設定
VRRPVRID100及び250から255
HSRP IPv4HSRP Group ID100及び250から255
HSRP version2HSRP Group ID100及び4090から4095
1対1接続

収容ルータとお客様ルータの境界セグメントを192.0.2.0/29として、下記に例を示します。

  • 境界セグメントには、(IPv4)/29が必要です。

※ネットワークアドレスをお客様が指定する必要があります。

ルータ
収容ルータVIPネットワークアドレス+1
収容A系ルータネットワークアドレス+2
収容B系ルータネットワークアドレス+3
お客様ルータVIPネットワークアドレス+4
お客様A系ルータネットワークアドレス+5
お客様B系ルータネットワークアドレス+6

※機器冗長を行わない場合、お客様ルータのIPアドレスはネットワークアドレス+4となります。

網型接続

収容ルータとお客様ルータの境界セグメントを192.0.2.0/24として、下記に例を示します。

  • 境界セグメントは(IPv4)/29~/24を選択できます。
  • 原則、第4オクテットの最も若い番号の3IPアドレスを収容ルータで利用します。収容ルータのアドレスと重複しない範囲でお客様は任意に指定できます。
ルータ
収容ルータVIP任意のIPアドレスを指定
収容A系ルータ任意のIPアドレスを指定
収容B系ルータ任意のIPアドレスを指定
お客様ルータ任意のIPアドレスを指定
Type-B

収容ルータとお客様ルータの境界セグメントを198.51.100.0/30、198.51.100.4/30として、下記に例を示します。