標準運用

「サービス設定」の「アラート通知/対応設定」や「ジョブアラート通知/対応設定」で指定したアラート、お客様からの依頼または所定の実施スケジュール(毎月の特定日、毎週の特定曜日など)に基づき、弊社があらかじめ用意した標準手順を実施します。オペレーション機能はプライベート接続環境からお客様環境に接続して実施します。実施結果は、登録された連絡先にメールにて連絡します。

標準運用には、自動オペレーション機能を含みます。クラウド連携オプション機能は含まれません。

標準運用の仕様は以下のとおりです。

項目仕様
契約単位1
最小契約数0
最大契約1
提供機能標準手順書対応

受け付けたアラートに対して、「アラート通知/対応設定」や「ジョブアラート通知/対応設定」に基づき標準手順書を実施します。また、お客様からの依頼に基づきオペレーションを実施します。標準手順書として登録されている手順書は以下のとおりです。登録されている通常連絡先グループに対応結果を連絡します

  • アラート検知時の電話連絡手順書
  • RedHat Linux/CentOS操作手順書
  • Windows操作手順書
  • VWシリーズVM起動手順書
  • ジョブ手順書
対応停止

「運用コントロールパネル」、または「UOMポータル」の「アラート情報」からの「対応停止申請」により、監視サービス、ジョブ管理サービス、インシデントAPIで検知または発生したアラートや、メール取り込みオプションで指定したメールを契機とするオペレーションを一時的に停止できます。お客様によるメンテナンス作業などにより、あらかじめアラートが検知されることが予想される場合に利用してください※1

  • 停止期間は最長1年間です
  • 対応停止は運用対象ノード、及び監視ID単位で申請できます
  • 対応停止申請が有効な期間は、アラート受付メールの配送も停止します
インシデントAPI

インターネット経由でアラートを受け付けます。受け付けたアラートは監視サービスからのアラートと同様に「アラート通知/対応設定」に基づき対応を実施します

対応停止API

監視サービス、ジョブ管理サービス、インシデントAPIで検知または発生したアラートや、メール取り込みオプションで指定したメールに対して、「運用コントロールパネル」からの「対応停止申請」と同様にオペレーションを一時的に停止します

アラート通知

「監視コントロールパネル」とは別に、監視項目ごと、またはジョブ及びジョブネットの実行結果ごとにアラート通知先を指定できます。通知先は、「UOMポータル」の「サービス設定」より「アラート通知/対応設定」または「ジョブアラート通知/対応設定」で指定できます。指定した個別連絡先グループが削除されていた場合は、アラート受付連絡先グループに通知します

メール
  • アラート検知の都度、通知を行います
  • 通知先は、個別連絡先グループまたはアラート受付連絡先グループを指定できます
自動電話
  • 10分間に1回、自動音声による通知を行います
  • 指定した個別連絡先グループに登録された担当者に対し、0800-300-2830より最大2巡まで順番に連絡します。登録した担当者ごとの電話通知時間帯の設定、または連絡先グループ内での7日ごとの輪番設定ができます
  • 自動電話通知は、受諾操作が必要です。受諾結果はメールで連絡します
  • 監視項目単位、またはジョブ及びジョブネットの実行結果単位で10個まで設定できます。監視項目、またはジョブ及びジョブネットの実行結果が異なる場合でも、通知先の連絡先グループが同一のときは、10分間に1回のみ通知します
  • 通知先は、個別連絡先グループのみ指定可能です
  • 監視対象機器との接続に失敗した場合は、電話通知は行いません
SNS
  • アラート検知の都度通知を行います
  • 通知先は、SlackまたはMicrosoft TeamsをはじめとしたWebhookのみを指定できます※2

※1:大規模なメンテナンス、システムテスト、または負荷テストなどが予定されている場合は、事前に相談してください。
※2:動作確認済みSNS:Slack、Microsoft Teams

補足事項
  • メール、SNSでのアラート通知の通知文面は、「UOMポータル」の「サービス設定」で設定できます。
  • お客様システムにおいて、一定期間に大量のアラートを検知した場合は、大量アラートが発生している事をアラート受付連絡先グループにメール通知します。発生したアラートは内容を確認し順次対応します。
  • 監視サービスにおいて、監視対象機器との接続に失敗した場合は、次回監視処理結果を確認して、アラート受付連絡先グループにメール通知します。
    アラート受付連絡先グループを変更した場合は、変更前のアドレスにメールを通知する場合があります。
  • 拡張運用対象のサーバは、次回処理結果が異常の場合はエンジニアリング機能にエスカレーションして対応します。対応結果の通知先は運用設計時に指定できますが、指定がない場合は、通常連絡先グループにメール通知を行います。
    対象になるコードとメッセージは以下のとおりです。

    • 対象コード:E064、E075、E076、E094、E096、E097、E099
            E001、E012、E014、E015(Windows監視のみ)
            LGM-W001(ログ詳細監視のみ)

    • 変更メッセージ:
      監視対象機器との接続に失敗しました。
      監視対象機器、またはネットワーク経路上の負荷が発生していた可能性がございます。
      次回監視タイミングで復旧する場合は、監視機能への影響はありません。(xxx-nnn)