拡張運用に関する注意事項

拡張運用をご利用の際は、以下の注意事項があります。

  • 検知された順にアラート中継システムで処理されます。複数のシステムからアラートが短時間に多数検知された場合は、後続のアラートに対応するまで時間を要する場合があります。
  • エスカレーションなどによる電話連絡の際に、いずれの担当者も不通の場合は、メールにて連絡します。
    ※システム正常性確認で、システムが提供すべき機能が提供できていない場合は、この限りではありません。
  • 障害連絡の過程で、作業の指示をいただく場合は、マスターIDでお客様の認証を行います。そのため、作業指示を出す方にはあらかじめマスターIDを所持していただく必要があります。
  • お客様に締結していただいた保守契約が切れている場合、ハードウェアやソフトウェア保守ができない場合があります。
  • 標準プラスオプションからのエスカレーション、及び個別手順書における1回あたりの作業時間が30分を超える場合は、費用を調整させていただくことがあります。
  • 1ヵ月間の作業工数の合計が運用対象ノードごとで1時間を超える場合は、費用を調整させていただくことがあります。
  • 重要度が「復旧」相当のアラートは手順書に紐付けることはできません。
  • ラックの定期巡回、LEDチェックなどの現地オペレーションは、「IIJデータセンターサービス」をご契約ください。