標準プラスオプション

運用対象ノードに対して定型化されたオペレーションを実施します。
標準プラスオプションはプライベート接続環境からお客様環境に接続して実施します。
実施結果は指定された連絡先にメール、または電話にて連絡します。
運用対象ノードに拡張運用の契約がある場合は、オペレーション結果が異常時の障害ハンドリングをエンジニアリング機能で行います。
また、オペレーションに必要な情報は、「UOMポータル」の「サービス設定」から申請できます。

標準プラスオプションの仕様は以下のとおりです。

項目仕様
契約単位1
最小契約数0
最大契約1
課金単位

 

運用ノードごと

  • 仮想ノード:1VMごと
  • 物理ノード:1デバイスごと
提供機能定型オペレーション

受け付けたアラートに対して、以下のオペレーションを実施します

  • UNIXプロセス起動
  • Windowsサービス起動
  • コマンド実行
  • アラート連絡

アラート受付メールから手順書の実行結果報告までにかかる時間は、20分以内を目標としています

連絡振り分け対応結果などの連絡先を個別連絡先グループに振り分け指定できます
契約条件標準運用のご契約が必要です
解約条本オプションのみの解約が可能です
補足事項

「UOMポータル」の「サービス設定」から「定型手順設定」で設定する情報は以下のとおりです。

手順書種類入力項目
UNIXプロセス起動
  • ログインアカウント名
  • コマンド実行アカウント名
  • 監視プロセス名
  • 対象プロセス実行ユーザ
  • プロセス起動数
  • 起動コマンド
  • 正常連絡先グループ
  • 異常連絡先グループ
Windowsサービス起動
  • アカウント名
  • サービス名
  • 正常連絡先グループ
  • 異常連絡先グループ
コマンド実行
  • 実行キーワード
  • 実行コマンド
アラート連絡
  • 連絡先グループ
定型手順の流れ
  • UNIXプロセス起動
    ログイン、ノード名確認、スイッチユーザ、プロセス起動数確認、プロセス起動、プロセス数起動確認、正常連絡または異常連絡
  • Windowsサービス起動
    ログイン、ノード名確認、サービス状態確認、サービス起動、サービス状態確認、正常連絡または異常連絡
  • コマンド実行(UNIX)
    ログイン、ノード名確認、スイッチユーザ、コマンド実行、実行キーワード入力、正常連絡または異常連絡
  • コマンド実行(Windows)
    ログイン、ノード名確認、コマンドプロンプト起動、コマンド実行、実行キーワード入力、正常連絡または異常連絡
  • アラート連絡
    アラート確認、指定連絡先に電話連絡及びメール連絡
  • 拡張運用をご契約の場合のみ、手順実施結果が異常であった場合に限りエンジニアリング機能にエスカレーションします。
    エンジニアリング機能では 、運用コンサルティングにて定義した内容に従いお客様ITシステムの障害調査や復旧対応などを行います。
    障害調査、及び復旧作業は運用対象ノードにログインして行われます。
    ※手順実施結果が異常であった場合のエンジニアリング機能の振る舞いは、必ず運用コンサルティングにて定義してください。
制限事項
  • 本機能はアラートをトリガーに実施します。お客様からの依頼に基づくオペレーションは、「運用コントロールパネル」の「定型手順申請」を実施してください。
  • アラート検知に伴う定期的なオペレーションは実施できません。
  • Windowsサービス起動の対象OSは、Windows2008、Windows2012のみです。
  • コマンド実行では、必ず実行キーワードを指定してください。
  • コマンド実行で指定できる実行ファイルは、UNIX系は「.sh」、Windows系は「.bat」に限定されます。
  • コマンド実行はコマンドの実行までを範囲とし、呼び出されたスクリプトなどの結果は確認、及び報告しません。
  • コマンド実行では、対話型の処理はできません。
  • コマンドの実行時間は1分未満とし、1分を超えた場合は強制停止(「Ctrl」+「c」、またはWindowの「×」ボタンをクリック)します。
  • コマンドの実行時間が1分を超える場合は、「&(アンド)」などを用いたバックグラウンドで実行してください。
  • コマンドの正常時の実行結果は必ず「command successful」としてください。
  • Windowsにおいてコマンド実行を利用する場合は、デスクトップにコマンドプロンプトのショートカットを配置し、管理者モードで起動できる状態としてください。管理者パスワードの入力は実施できません。
  • 「定型手順設定」で設定した各種情報は、必ず最新の状態に保ってください。情報が古い、または誤っていると正しくオペレーション機能を提供できません。
  • オプション解約前、または定型手順削除前に、必ず「アラート通知/対応設定」で標準手順書へ変更してください。
  • オプション解約後も定型手順の利用が確認された場合は、予告なく標準手順書へ変更する場合があります。
  • 1ヵ月間の作業工数の合計が運用対象ノードごとで1時間を超える場合は、費用を調整させていただくことがあります。