ウェブブラウザの統合Windows認証設定(SPNEGO認証)を有効にする

ブラウザの統合Windows認証設定(SPNEGO認証)を有効にします。

統合Windows認証設定を有効にすると、Windows(Active Directory)にログイン済みのPCからIDとパスワードの入力せずに連携サービスにログインできます。

【参考】

  • 統合Windows認証設定(SPNEGO認証)が有効になっていない場合はフォーム認証でのログインになります。 
  • フォーム認証の場合は、Active DirectoryのIDとパスワードを画面に入力してください。

本サービスでSPNEGO認証の動作確認済みブラウザは、下記の最新バージョンです。
なお、動作を保証するものでは無く、お客様の環境によっては正しく動作しない場合があります。

  • Microsoft Edge(Windows)
  • Mozilla Firefox(Windows)
  • Google Chrome(Windows)