セットアップ手順 (Acty-G3)

目次


初期セットアップ手順

ハードウェアのセットアップ
用意するもの
  • Acty-G3 / Acty-G3+ 本体
  • USB電源
  • USB Type-C ケーブル

Acty-G3 と Acty-G3+ のセットアップ手順は同じです。以降、すべて「Acty-G3」と記載いたします。

SIMカードの挿入

以下の手順でSIMカードを挿入します。

Acty-G3の電源がOFFである(LEDが点灯していない)ことを確認します。
LEDが点灯している場合は電源が入っている状態ですので、電源ボタンを長押しして電源をOFFにします。

Acty-G3 のコネクタ部のカバーを開けます。ネジで固定されている場合は、精密ドライバーでネジを外します。

バッテリーカバーを外します。コネクタ部の部分にあるバッテリーカバーとの隙間に爪を引っ掛けるなどすると外れます。
なお、この作業を手荒く扱うとバッテリーカバーの固定爪を破損する可能性があります。丁寧に開けるように心掛けてください。

カバーを外すとバッテリーが見えますので、バッテリーを外します。

バッテリーの裏にスロットが2つ見えます。
右側のSIMカードスロットに SIMカード(nanoSIM)をセットします。

逆の手順で、バッテリーの取り付け、バッテリーカバーの取り付け、コネクタ部のネジ止めを行います。

充電

初期状態ではバッテリーが充電されていない可能性があります。以下の操作を行い充電を行ってください。

USB電源(別売)をコンセントに挿します。

Acty-G3付属のDCケーブルをUSB電源に挿します。

DCケーブルのジャックをActy-G3に接続します。

LEDが点灯します。

  1. LEDがオレンジ色の場合は「充電中」です。
  2. LEDがが緑色の場合は「充電完了」です。

Acty-G3付属のDCケーブルではなく、市販のUSB Type-Cケーブルを使用して充電することも可能です。なお、DCケーブルとUSB Type-Cの両方から同時に給電することはできません。
参考: coviaのIOTブログ - Acty-G3 電源供給について

OSのセットアップ
Vysorのセットアップ

Acty-G3は操作画面のないAndroid端末ですので、初期設定時にはPCからアプリを使用してAndroidの画面を操作します。
以下の手順で、リモートデスクトップアプリ「Vysor」をインストールします。

Acty-G3 公式ブログの記事もご参照ください。
Acty-G3でリモートデスクトップを使う

PC に Vysor アプリをダウンロードし、インストールします。 
インストール後、Vysor を起動します。

PC と Acty-G3 を、USB Type-Cケーブルで接続します。

PC側で Acty-G3 が認識されると、Vysor のウインドウに以下の通りActy-G3を示す「CP G3」が表示されます。

Vysorのウインドウより、赤色のアイコン ▶ を クリックすると、別のウインドウに Acty-G3 の Android の画面が表示されます。
以降、Acty-G3 の設定はこのウインドウの Android画面を操作します(この画面は、一般的なAndroidスマートフォンの液晶に表示される画面だとお考えください)。


SIMの設定

APNを設定してLTE通信を有効化します。

Acty-G3 の画面に対して、画面下部でマウスクリックしたまま上方向にドラッグします(Androidの液晶画面を上方向にスワイプするようなイメージです)。

アプリの一覧が表示されますので、「設定」のアイコンをクリックします。

設定の画面が表示されますので、
「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「詳細設定」→「アクセスポイント名」の順にクリックしていきます。

APNの一覧が表示されますので、画面上部の「+」のアイコンをクリックします。

APNの情報を入力します。
APNの設定はご利用いただいている契約によって異なります。詳細はオンラインヘルプのモバイルアクセス「APN設定」をご参照ください。

項目名タイプD 利用時の入力内容タイプI 利用時の入力内容
名前IIJIIJ
APNiot.iijmobile.jph.iijmobile.biz
ユーザー名mobile@iotmobile@iot
パスワードiotiot
認証タイプPAPまたはCHAPPAPまたはCHAP
上記以外の項目初期値のまま変更しない


入力後、画面右上の ︙ をクリックし、続いて「保存」を選択します。

再びAPNの一覧が表示されますので、いま入力した「IIJ」を選択します。
選択後、右上のアンテナ表示に「4G」のマークが表示されていれば設定は完了です。LTE回線で通信できる状態になっています。

動作確認
LTE回線が接続されているか確認する

Android画面から Chrome アプリ(Webブラウザ)を起動します。適当なURLを入力し、ブラウザに該当サイトのコンテンツが正常に表示されることを確認します。

IIJ IoTサービスへの接続を確認する

Acty-G3 は Android端末ですので、何らかのAndroidアプリケーションを使用するか、もしくは自分で Androidアプリケーションを作成する必要があります。
IIJ IoTサービスを便利に使用するための機能や設定のページに、Termux アプリを使用した通信の手順や、IIJ IoTサービスへデータ送信する Androidアプリのサンプルソースコードが用意されていますので、必要に応じてご利用ください。