3.1. ゲートウェイ管理ポータル概要

Kiwitec TLG3901シリーズゲートウェイは複雑なLoRaパケットを処理するためのハイブリッドゲートウェイです。 

固定周波数からLoRaパケットを受信し、他のマシンまたはノードにパケットを転送するLoRaWAN®パケット転送、IoTデバイス間のM2M通信用のMQTTも提供します。  

TLG3901シリーズはデータ処理をカスタマイズするためにKiwitec独自のオンラインスクリプトであるLoRaScriptと名づけたアプリ開発環境と、特定のコンポーネントによってデータフローを視覚的にデプロイできるNode-REDを用意します。

 

 図3‐1 TLG3901シリーズ管理ポータル

 

図3‐1はTLG3901シリーズの管理ポータルの概要です。 

管理ポータルは、[Setup]セクションでコンセントレーターチャネルとLoRaWAN®パケットフォワーダーの設定が行えます 

また、コンセントレーターと、コンセントレーターを有効/無効にするためのMQTT制御を提供し、MQTTブローカーとパブリッシャーのステータスを管理します。


カスタマイズのために、TLG3901シリーズはLoRaScriptとNode-Redの2つのJavaScriptベースのスクリプトアプローチをサポートします。 

これらは特定の方法でパケットを処理しパケットの次のルーティングホップを定義するために使用されます。

[LoRa Packet Statistics]では、周波数ごとのパケット数を積算することができます。

リアルタイムにパケットを調べるために、[LoRa Receive Logs]を使用できます。

これは仮想ターミナルとして機能し受信したすべてのパケットの中身を即座に表示します。 

[Network Configuration]では、DHCPクライアント、静的IP、DHCPサーバーの3つの構成を提供し、ネットワーク環境のカスタマイズでいずれかを選択できます。 

セキュリティとシステム管理のために、[Change Password]と[System Status]でTLG3901シリーズのパスワード変更やオンラインアップグレードに対応します。

 

3.3. LoRaWAN®パケットフォワーダー設定」ではLoRaWAN®パケットフォワーダー設定について示し3.4. Node-RED設定」「3.5. MQTT設定」ではNode-REDやMQTTの設定を紹介します。

システム設定及びネットワーク構成は「3.6. システム設定」に示し「3.7. システムのアップグレードとリセット」ではTLG3901シリーズでのシステムアップグレードとリセットを示します。