1. 本製品について

kiwitec TLG3901シリーズ(TLG3901BV2 / TLG3901BLV2)は、固定周波数で異なる拡散係数を持つすべてのパケットを受信可能なLoRaコンセントレータを備えるハイブリッドLoRaゲートウェイです。

パケットフォワーダはパケットをインターネットに転送し、IoT機器に接続するためのM2MプロトコルのMQTTをサポートします。

TLG3901シリーズの機能には管理ポータル画面から直ぐにアクセスできます。データ処理をカスタマイズするためのオンラインスクリプトLoRaScriptおよびNode-REDも提供します。

ChromeやFirefoxなどの最新のブラウザーを使用してTLG3901シリーズを管理し、コンセントレータチャネル、パケット転送、MQTTブローカー、およびネットワーク構成をセットアップし、指定された目的に合わせてプラグインをカスタマイズすることができます。

以下にTLG3901シリーズのソフトウェアおよびハードウェアの仕様と正面図および背面図を示します。

 

ソフトウェア仕様

 

表1‐1 TLG3901シリーズのソフトウェア仕様

管理ポータル

ChromeまたはFirefox

ディスカバリーツール

Windows 7またはそれ以降

M2Mプロトコル

MQTT

パケットフォワーダー

ANNWS.01.2.1.W.SYS Gateway to Server Interfaceと互換

ファームウェアのアップグレード

Webブラウザを介したオンラインアップグレードをサポート

ネットワークインターフェース

DHCP、静的IPおよびDHCPサーバーをサポート

 

ハードウェア仕様

 

表1‐2 TLG3901シリーズのハードウェア仕様

 

モデル

TLG3901BV2
TLG3901BLV2 (LTE内蔵)

トランシーバーSemtech SX1301       
CPUMTK MT8516 (ARM Cortex-A35)
メモリー512 Mbytes
フラッシュ256 Mbytes
コネクティビティ

Ethernet 10/100 Mbps
Wireless
LTE (TLG3901BLV2のみ)

電源

DC5V through Micro-USB

周波数範囲         

902 MHz ~ 928 MHz

変調方式

LoRa (スペクトラム拡散)

チャネル数

8

動作温度0 ~ 55
保管温度-20 ~ 70

 

図1-1 TLG3901シリーズゲートウェイの正面図と背面図