7.4.4. LoRaScript

TLG3901シリーズのLoRaScriptは、LoRaWAN®アップリンクデータを取得するコールバック関数とLoRaWAN®ダウンリンクデータを送信するためのAPIを提供します。

表7-6はこれらの機能の説明です。リスト7-1にこれらの機能の使用例を示し、結果を図7-25に示します。

 

表7-6 LoRaScriptのLoRaWAN®関数 
名前タイプ使用法
onLoRaWANRx(data)Callback

LoRaWAN®アップリンクを受信するごとに呼び出されます。

dataは「表7-1」の「JSONフィールド(LoRaScript)に記載されているJSON文字列です。

onLoRaWanJoin(data)Callback

デバイスがビルトインサーバーへのjoinに成功するごとに呼び出されます。

dataは以下のようなJSON文字列です。

{ deveui: "", devaddr: ""}

send_lorawan_pkt(deveui, data, port)MethodLoRaWAN®ダウンリンクの送信に使用します。
deveuiは送信先のデバイスのDevice EUIの文字列です。
dataはダウンリンクで送信される16進文字列またはbase64文字列です。
portはダウンリンクで使用されるポート番号です。

 

リスト7-1 LoRaScirptアップリンクの受信とダウンリンクの送信の例
function onInit() {

}

function onLoRaRx (data) {

}
 
function onLoRaWANJoin(data){

}

function onLoRaWANRx (data) {
    debug_print("Received LoRaWAN Data" + JSON.stringify(data));
    send_lorawan_pkt("000b78fffe4c15c3", "EjRWeJBa",12);
}

 

図7-25 LoRaScript®サンプルの実行結果