5. MQTT 基本コンセプト及びデモ

MQTTは軽量の発行 / 購読メッセージングプロトコルです。

MQTTブローカーはシンプルな共通インターフェースとして機能します。

トピックはMQTTブローカーを介して購読および発行されます。

クライアントは関心のあるトピックを購読または発行するためにブローカーに接続することができます。

MQTTのメッセージはトピックで発行されます。トピックを設定する必要はありません。

トピックはスラッシュ(/)を区切り文字として階層化されます。(例:lora/rxpk)


MQTTトピック購読については、MQTT.fxを使用したMQTTデモンストレーションを提供しており、以下のURLからからダウンロードできます。

http://www.mqttfx.org

MQTT.fxをダウンロードしてインストールした後でMQTT.fxを起動し、図5-1に示すようにMQTTブローカー情報を設定してください。

ユーザー名とパスワードは「3.5. MQTT設定」の設定と同一である必要があります。デフォルトのユーザー名とパスワードは「admin」です。

次に[Connect]をクリックします。 MQTT.fxがMQTTブローカーに正常に接続すると、図5-2に示すようにMQTT.fx上に緑色のライトが表示されます。


 図5-1 MQTT.fx設定

 

 図5-2 MQTTブローカーへの正常な接続


TLG3901シリーズで受信LoRaパケットを取得するには、TLG3901シリーズのMQTTの設定で指定したReceive Packet Public Topicの値をSubscribe Topicに入力し、[Subscribe]ボタンをクリックする必要があります。

実行すると、他のノードからLoRaパケットを送信することができ、図5-3に示すようにMQTT.fx上で出力を確認できます。


図5-3 サブスクリプションデモンストレーション


TLG3901シリーズを介してLoRaノードにLoRaパケットを送信するには、TLG3901シリーズのMQTTの設定で指定したTransmit Packet Subscribe Topicの値をPublish Topicに入力する必要があります。

次に図5-4に示すように送信パケット情報を入力して、[Publish]ボタンをクリックします。このデモでは次の文字列が使用されます。

 

{"imme":true, "freq":915.5, "rfch":0, "powe":14,
"modu":"LORA", "datr":"SF12BW125", "codr":"4/5",
"ipol":false, "size":8, "data":"MDAwMDAxMjM"}

 

 図5-4 MQTT公開デモ