7.4.2. MQTT

3.5. MQTT設定」で示したように、TLG3901シリーズには発行と購読を可能にするビルトインMQTTブローカーがあります。  

アップリンクデータを取得するには、アップリンクトピックの購読が必要です。

さらにダウンリンクデータを送信するための発行も必要です。


アップリンクデータを取得するトピックは、lorawan/<deveui>/upです。

000b78fffe4c15c3からのアップリンクのトピック文字列は「lorawan/000b78fffe4c15c3/up」となります。


さらに、トピック文字列でワイルドカードを使用してすべてのデバイスのアップリンクデータを取得することも可能です。 

すべてのデバイスのアップリンクデータを取得する場合は「Lorawan/+/up」となります。


ダウンリンクデータを送信するトピックは、lorawan/<deveui>/downです。

000b78fffe4c15c3からのアップリンクのトピック文字列は「lorawan/000b78fffe4c15c3/down」となります。

 

上記のトピックを公開または購読するには、MQTTリクエストごとにユーザー名とパスワードが必要です。  

図7-19に示すように、MQTTのユーザー名とパスワードはMQTT Brokerで設定できます。 

デフォルトのユーザー名は「mqtt」で、デフォルトのパスワードは「mqtt」です。


図7-19 MQTTの設定

 

以下は、MQTTツールを使用したデモでMQTT.fxを呼び出します。 

MQTT.fxのダウンロードおよびインストールと、TLG3901シリーズへの接続方法は「5. MQTT 基本コンセプト及びデモ」を参照してください。


アップリンクトピックを購読する時です。ここではワイルドカードを含むトピック「lorawan/+/up」が使用されます。 

[Subscribe]タブに切り替え、トピックを入力してから[Subscribe]ボタンをクリックします。

TLG3901シリーズにアップリンクデータが送信された場合、図7-20のようにこのアップリンクデータはMQTT.fsに表示されます。


 図7-20 アップリンクデータの購読
 


次に、ダウンリンクデータをデバイスに送信する発行の例を図7-21に示します。


図7-21 ダウンリンクの発行


図7-22はTLM922Sと呼ばれるkiwitecのLoRaWAN®デバイスを使用してダウンリンクデータを受信する例です。


図7-22 TLM922Sでのダウンリンクの受信