4.2.1. Node-RED 例: LoRa®パケットの受信

このセクションではNode-REDでLoRa®パケットを受信する方法を紹介します。

Node-REDにログイン後、入力のloraノード、出力のdebugおよびudpノード、関数のfunctionノードを[フロー 1]パネルにドラッグします。

次に図4‐5に示すように、loraノードの出力ポートをdebugノードの入力ポートに接続し、loraノードの出力ポートをfunctionの入力ポートに接続。functionの出力ポートをudpの入力ポートに接続します。


 図4‐5 Node-REDでLoRa®パケットを受信する例


次のステップではfunctionノードをダブルクリックして、図4‐6に示すようにfunctionのコードを編集して受信したLoRa®パケットからデータを抽出するようにします。


図4‐6 データを抽出するための入力機能コード


最後のステップはudpノードをダブルクリックして、受信したLoRa®データを他のエンドポイントに送信するようにします。

データフィールドはBase64に符号化されているため、図4‐7に示すようにudpノード設定の[Decode Base64 encoded payload?]がチェックされています。


 図4‐7 UDPノードの構成

 

そこまで設定したら、フローを開始するために右上の[デプロイ]を押します。

LoRa®パケットの受信は図4‐8が示すように[debug]タブで確認できます。また、udpを介して他のホストに送信することもできます。


図4‐8 デバッグパネルでLoRa®パケットを受信する出力