新規(申請代行証明書品目)

新規のお申し込み

弊社法人サービスを始めてお申し込みのお客様は、書面でお申し込みください。弊社法人サービスを既にご契約いただいているお客様は、「IIJサービスオンライン」からもお申し込みいただけます。

お申し込みからご利用開始までの詳細については、IIJホームページの「IIJサーバ証明書管理サービス > お申し込みからご利用開始まで(http://www.iij.ad.jp/biz/ssl/flow.html)」をご覧ください。

新規のお申し込みでは、ご契約のお申し込み手続きをしていただいた後、SSLサーバ証明書発行のための申請情報の登録を、所定の期限までに行っていただきます。ご契約のお申し込み手続きはサービスグループの運用管理担当者が、申請情報の登録はサービスの運用管理担当者が行ってください。 

  • 書面でお申し込みいただいた場合は、「CSRの入力・申請情報の登録」の手順から手続きを行なってください。

  • 「IIJサービスオンライン」からお申し込みいただく場合は、以下の全ての手順の手続きを行ってください。

メニューの表示方法

トップページ > 契約と担当者の管理 > サービスお申し込み・変更 > カスタマーコード選択 > オンラインお申し込み・変更

 

1.「新規お申し込み」の「IIJサーバ証明書管理サービス」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

 

2.内容を確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

 

3.各項目を設定し、「確認」ボタンをクリックします。

■新規お申し込み受付入力

項目説明
利用形態SSL サーバ証明書を利用するサーバを選択します
コモンネーム

SSLサーバ証明書を利用するサーバ名(FQDN)を入力します

  • 「品目と有効期間」で、「企業認証SSL/ワイルドカードオプション付き」または「クイック認証SSL/ワイルドカードオプション付き」を選択した場合は、「*」を含めて入力します(例:*.example.jp )
  • 「利用形態」で、「連携対応サービスで利用」を選択した場合は、「連携対応サービスを検索」ボタンをクリックします。「その他」を選択した場合は、「連携対応サービスを検索」ボタンは表示されません
連携対応サービス

「利用形態」で「連携対応サービスで利用」を選択し、「コモンネーム」で「連携対応サービスを検索」ボタンをクリックすると表示される項目です。プルダウンメニューから、連携するサービスのご契約を選択します

  • 一覧にはログイン中の運用管理担当者に紐付くご契約が表示されます。表示されていないご契約を指定する場合は、書面でお申し込みください
品目と有効期間品目と有効期間を選択します

 

4.内容を確認し、「前述の注意事項及び約款・規約に同意して、上記のとおりサービスの申し込みを行います。」にチェックを入れ、「申込」ボタンをクリックします。

 

続いて、サービスの運用管理担当者がCSRの入力と申請情報の登録を行ってください「IIJサービスオンライン」からのお申し込みの場合は、手続きを行なったサービスグループの運用管理担当者がサービスの運用管理担当者としても自動登録されます)

 

CSRの入力・申請情報の登録

サービスの運用管理担当者にて、CSRの入力と申請情報の登録を行います。

CSRは、SSLサーバ証明書を発行するための証明書署名要求です。CSRには公開鍵の情報、組織名、所在地などの情報(Distinguished Name=識別名)が含まれています。

 

メニューの表示方法

トップページ > 設定と管理 > サービスの設定と管理 > IIJサーバ証明書管理サービス > サービストップ > 申請情報の登録

 

1.各項目を設定し、「次へ」ボタンをクリックします。

※お申し込みの品目により入力項目が異なります。以下に、注意が必要な入力項目について説明します。

■CSR情報

項目説明
CSR の作成方法

CSRの作成方法を選択します

  • 「IIJがCSRを作成」を選択した場合は、CSR作成に必要な情報を入力してください
  • 「お客様がCSRを作成」を選択した場合は、「CSRを登録する」ボタンをクリックし、お客様が作成したCSRを登録してください
都道府県

「IIJがCSRを作成」を選択した場合に入力します

  • 以下の文字が使用できます。ただし、実際に証明書情報に使用できる記号は、各認証機関により異なります
    • 「a」から「z」までの英小文字
    • 「A」から「Z」までの英大文字
    • 「0」から「9」までの数字
    • 半角スペース
    • 記号 ! # % & ' ( ) * + , - . / : ; = ? @ [ ] ^ _ ` { | }
市区町村
組織
部門
  • お客様がCSRを作成する場合は、CSR/秘密鍵作成ツールを利用できます。利用方法について詳しくは、「CSR/秘密鍵作成ツールを使いたい」をご覧ください。
  • お客様がCSRを作成する場合は、「CSR情報」は編集できません。
  • 弊社のSSLサーバ証明書対応サービスと連携してSSLサーバ証明書を利用する場合、CSRは弊社が作成します。お客様がCSRを作成することはできません。SSLサーバ証明書に対応した弊社サービスについて詳しくは、「SSLサーバ証明書に対応した弊社サービスの利用」をご覧ください。
  • 証明書情報に使用できる文字については、各認証機関のWebサイトからご確認ください。
認証機関Webサイト
デジサート

<セキュア・サーバID EV品目およびグローバル・サーバID EV品目

https://knowledge.digicert.com/ja/jp/solution/SO23307.html

セキュア・サーバID品目およびグローバル・サーバID品目

https://knowledge.digicert.com/ja/jp/solution/SO22872.html

サイバートラスト社

https://www.cybertrust.ne.jp/sureserver/support/csr.html

HOME> 製品・サービス > SureServer > サポート > CSR(証明書お申込みデータ)の作成

グローバルサイン社

https://jp.globalsign.com/support/faq/65.html

SSLのグローバルサイン(ホーム) > サポート

 

■申請責任者情報

申請責任者の情報を入力します。この情報をもとに認証機関は申請意思確認の電話、及びメール連絡(クイック認証SSL品目の場合はメール連絡のみ)を申請責任者へ実施いたします。

なお、入力する情報は品目ごとに異なります。

デジサート社品目、及びグローバルサイン社品目のお申し込みの場合は、ドメイン名使用権を確認するためのメールの送付先として使用する「承認メールアドレス(または、申請承認メールアドレス)」を指定します。指定できるメールアドレスは、各認証機関が定めるもののみとなっております。サイバートラスト社品目のお申し込みの場合は、「承認メールアドレス(または、申請承認メールアドレス)」欄は表示されません。

  • グローバルサイン社のクイック認証SSL品目のお申し込みの際、「申請メールアドレス」のプルダウンメニュー内にWHOIS に登録済みのメールアドレスが表示されない場合は、入力フォームへWHOIS に登録済みのメールアドレスを直接入力してください。また、プルダウンメニューからも、メールが送信されても問題ないメールアドレスを選択してください。 

    ※ WHOIS に登録されていないメールアドレスを記入しても、「承認メールアドレス」として使用はできませんのでご注意ください。 

     

    【WHOISに登録済みのメールアドレスが表示される場合の画面】
    ※プルダウンメニュー内に表示されます。メールアドレスの入力フォームは表示されません。


    【WHOISに登録済みのメールアドレスが表示されない場合の画面】

 

■Certificate Transparency

対象品目がデジサートの場合のみ本項目が表示されます。

Certificate Transparency(以下、CT) への対応を選択します。

 

2.内容を確認し、「約款・規約に同意し、上記のとおりサービスを申し込みます。」にチェックを入れ、「申込」ボタンをクリックします。

以上で、CSRの入力と申請情報の登録が完了しました。

1、2週間以内に認証機関からの問い合わせがあります。詳しくは、「ドメイン名使用承認、申請意思回答、及び必要書類提出(申請代行証明書品目)」をご覧ください。