サービス概要

はじめに

IIJ DNSプラットフォームサービス(以下、本サービス)は拡張性と柔軟性を重視し、セキュリティ機能を強化した統合型権威DNSサービスです。

本サービスは「IIJマネージドDNSサービス」と「IIJ DNSグローバルロードバランシングサービス*1」から構成されます。

【参考】

  • 本サービスは権威DNSサーバ(コンテンツサーバ)を提供するサービスです。キャッシュDNSの機能はありません。
  • ドメインの登録、維持、及び管理はIIJドメイン管理サービスをご利用ください。

IIJ マネージドDNSサービス

お客様の持つドメイン名の利用に必要となる権威DNSサーバを提供するサービスです。更に、プライマリネームサーバ、及びセカンダリネームサーバとしてもご利用いただけます。
ホスト名からIPアドレスを調べる「正引き」だけでなく、IPアドレスからホスト名を調べる「逆引き」ゾーンにも対応しています。

IIJ DNSグローバルロードバランシングサービス*1

お客様の運用するWebサーバなど各種リソースを死活監視し、正常に動作していないサーバを自動的にDNSの応答からはずすなど、動的なゾーン管理を提供するサービスです。

特長
マルチインプット・マルチアウトプット
  • DNSに登録するゾーン情報を複数の方法で管理できます。
    • コントロールパネル(Web UI)による編集
    • お客様がお手元の機器で編集したゾーンファイルのアップロード
    • お客様が用意したDNSサーバ、または他社DNSサービスからのゾーン転送
    • APIを利用したお客様開発のプログラム*3
    • お客様サーバを死活監視した結果による動的なゾーン変更*1
  • ゾーン情報は複数のDNSサービスに登録できます。
    • 本サービスが標準提供するDNSサーバ
    • IIJが提携する海外DNS事業者が提供するDNSサーバ*2
    • お客様が用意したDNSサーバ、あるいは他社DNSサービスへのゾーン転送
高度なセキュリティ
  • 国内外複数地域に分散配置されたDNSサーバインフラにより、高いDDoS攻撃耐性を持ちます。
    • IIJのDNSサーバだけでなく、IIJが提携する海外DNS事業者が配置した世界各地の拠点も利用できます*2
  • サービス稼働率保証(SLA) 100%*2
  • DNSSEC署名機能が標準提供されます。
    高度な専門知識がなくてもDNS情報の改竄を防ぐことが可能です。
  • TSIGに対応しています。
    ゾーン転送時における改竄を防止できます。
  • 高度な認証基盤でコントロールパネルやAPI*3にアクセスできる担当者を制限できます。
    • 多要素認証が利用可能です。
      IIJ IDサービスを契約することにより、さらに高度なアカウント管理が可能になります。
      • ユーザごと、契約ゾーンごとに異なる編集権限や参照権限の設定
      • お客様の組織内ルールによるパスワードポリシー管理
      詳しくは「IIJ IDサービス」をご覧ください。

*1:DNSグローバルロードバランシングサービスは開発中のサービスです。
*2:プレミアムプランの機能です。ベーシックプランではご利用いただけません。
*3:APIは2020年内に提供開始予定です。