レコード管理

DNSに登録するレコード情報を管理できます。現在登録されているゾーン内のレコードが一覧で表示されます。

【注意】

以下の機能及び権限を利用している場合は、閲覧のみで追加、更新、及び削除などの編集機能は使用できません。

  • ゾーンプロキシ機能が有効になってる場合
  • IIJ IDサービスと連携し、参照権限のみのアカウントでログインしてる場合

契約情報

「契約情報」の「」をクリックすると、以下の契約情報が表示されます。

項目内容
サービスコード現在表示されているゾーンのサービスコードが表示されます
ゾーン名現在表示されているゾーン名が表示されます
コメントコメントが表示されます
マネージドDNSサーバご契約ゾーンに割り当てられたDNSサーバ名が表示されます
レコード一覧

現在表示されているゾーンに登録されているレコード情報の一覧が表示されます。
レコード一覧では以下の操作ができます。

【参考】

レコード一覧で上部メニューの一部、または全部が表示されていない場合は、「」をクリックするとプルダウンメニューで表示されます。

項目内容
レコード追加

レコードの追加を行う場合は、「レコード追加」をクリックし、「Name」、「TTL」、「Type」、及び「Value」などの各項目を入力します
入力後に「登録」をクリックすると、追加予定として一覧に表示されます
具体的な入力内容については「DNSレコードの登録ルール」をご覧ください

ゾーン反映

ゾーン内で更新、削除及び追加予定のレコードを反映します。「ゾーン反映」をクリックするまでは、DNSサーバに反映されません

【注意】

ひとつのゾーンを複数の担当者が編集している場合、「ゾーン反映」をクリックして反映されるものは自身が編集したレコードのみとなります。他の担当者が編集したレコードを反映させることはできませんので、ご注意ください。

ゾーン編集一括取消ゾーン内で更新及び追加予定のレコードの編集を一括で取り消します

ゾーンファイルのダウンロード

RFC1035形式(BIND形式)でゾーンファイルをダウンロードできます
ゾーンを書き換える前のバックアップ、またはコントロールパネルを使わずに手元のテキストエディタでダウンロードしたゾーンファイルを編集できます

ゾーンファイルのアップロード

RFC1035形式(BIND形式)でゾーンファイルをアップロードできます
ゾーンを書き換える前のバックアップに復元、また手元のテキストエディタで編集したゾーンファイルをアップロードできます

(レコードの編集)

各レコードの「Name」、「TTL」、「Type」、及び「Value」などの各項目を編集します
具体的な入力内容については「DNSレコードの登録ルール」を参照してください

※ラウンドロビンのように同じレコードに別の値を追加する場合は、レコードの更新を使用します

(レコードの削除)

レコードを削除します

※ゾーン名自身のSOA及びNSレコードは削除できません

(レコードの更新予定の取消)レコードのStatusが「○○予定」の場合に表示されます。各レコードの更新予定を取り消します
Status

レコードの状態が表示されます。Statusに表示される項目は以下のとおりです。
「ゾーン反映」をクリックすると、変更内容がDNSサーバに反映され、「Status」と「操作者」が空欄になります。

項目内容
追加予定次回のゾーン反映時に追加される予定のレコードです
削除予定次回のゾーン反映時に削除される予定のレコードです
更新予定次回のゾーン反映時に更新される予定のレコードです
(空欄)前回のゾーン反映時から変更されていないレコードです
操作者

「Status」が「○○予定」のレコードのみ、操作を行った担当者(マスターIDまたはIIJ IDアカウント)が表示されます。
「ゾーン反映」をクリックすると、変更内容がDNSサーバに反映され、「Status」と「操作者」が空欄になります。