ANAME仕様

ANAMEは本サービスによる独自拡張レコードタイプです。

DNSの本来の仕様として、ゾーンの頂点(ゾーン名と同名のレコード)にはCNAMEレコードを設定できません。ゾーンの頂点に外部リソースをIPアドレスではなく名前で指定したいとったようなケースでCNAMEのかわりに利用できます。

他社のサービスではALIASなどの名称で呼ばれる機能とほぼ同等のもので、「DNSアウトソースサービス」におけるAPEXの機能の上位互換です。

  • ゾーンの頂点(ゾーン名と同名のレコード)にかぎり、一つだけANAMEを設定できます。

    • ゾーンの頂点以外ではCNAMEをご利用ください。

以下、「example.jp.」というゾーンの頂点のANAMEレコードに「aname.example.com.」という値が登録されているものとします。

  • 「example.jp.」のA/AAAAレコードの問い合わせに、「aname.example.com.」のIPv4/v6アドレスを応答します。
    • IPアドレスが複数設定されてる場合、A/AAAAそれぞれ最大4つまで取り込まれます。
  • 「aname.example.com.」のTTL経過ごとに名前解決が行われ、ゾーンに反映されます。
    • ただし、極端に小さいTTLが設定されている場合、それよりも更新間隔が大きくなることがあります。
    • 「example.jp.」のA/AAAAレコードに問い合わせがあったタイミングでは「aname.example.com.」の名前解決は行われません。
  • 「aname.example.com.」にA/AAAAレコードが存在しない場合は、「example.jp.」のA/AAAAレコードの問い合わせに空応答を返します。
  • 「aname.example.com.」の名前解決がエラーになる場合は、最後に名前解決が成功してときに得られたIPv4/v6アドレスが引き続き使用されます。
  • 「aname.example.com.」にA/AAAAレコード以外のレコードタイプが存在していた場合は、無視されます。
  • 「example.jp.」がDNSSEC署名する設定になっている場合は、「aname.example.com.」がDNSSEC署名されておらず、厳密には完全性を担保できない場合であっても署名して応答します。
    • この動作に了承いただけない場合はANAMEのご利用はお控えください。
  • 本サービスをセカンダリネームサーバとして使う場合は、お客様プライマリネームサーバからANAMEが書かれたゾーンを転送できません。
  • 本サービスをプライマリネームサーバとして使う場合は、お客様セカンダリネームサーバにはANAMEがA/AAAAレコードに書き換えられたゾーンが転送されます。