ルール管理

ルール管理では、監視結果に応じてどのような応答を返すかの「ルール」を設定します。

ルール一覧

現在の契約で定義されているルールを一覧で表示できます。トラフィックコントロール1契約につき10件までルールを定義できますが、実際に適用できるのはそのうちのひとつのみとなります。

新規にルールを追加するには、「追加」をクリックします。また、表示されているルール名を選択することでそのルールを編集できます。

設定編集

ルールは「メソッド」を組み合わせることで定義します。

操作方法

画面は左右に分割されます。左側にメソッドが適用される順序がツリー形式で表示されます。左側の画面でメソッド(ルール、サイト)を選択すると、そのメソッドが濃色になり、右側の画面でそれに対する操作ができます。可能な操作は選択されているメソッドにより異なります。

項目内容
ルールの更新

ルール名とコメントを編集できます

ルールが選択されているときのみ編集できます

適用ルールの切り替え

適用されるルールを現在操作中のものに変更します

ルールが選択されているときのみ切り替えできます

ルールの削除

操作中のルールを削除します
現在適用中のルールは削除できません

ルールが選択されているときのみ削除できます

メソッドの追加

選択中のメソッド(ルール)の後に処理されるメソッドを追加します

ルール、エントリーメソッド、及び条件メソッドが選択されているときのみ追加できます

メソッドの更新

メソッドの有効/無効状態の変更、及びfailoverメソッドに続くメソッドの優先度等を設定できます

メソッドが選択されているときのみ設定できます

メソッドの削除

メソッドを削除します
そのメソッドに続く子メソッドが登録されているときは削除できません。先に子メソッドを削除してください

メソッドが選択されているときのみ削除できます

【参考】

サイトを選択しても、それに対する操作はできません。「サイト管理」で操作してください。

メソッドの種類

各ルール内で具体的な処理をメソッドと呼びます。メソッドにはエントリーメソッド、条件メソッド、終了メソッドの3種があります。また、それぞれにさらにいくつかの種類があります。

それぞれのメソッドはLive StatusとReady Statusの2種類の状態を持ちます。Live Statusの条件は下記の表をご覧ください。Ready Statusはメソッドが有効ならLive Statusと同じ値になり、無効ならば常に「Down」になります。左側画面では Ready Statusが「Up」のメソッドは緑の枠で、「Down」のものは赤枠でそれぞれ表示されます。「トラフィックコントロールのステータス」もご覧ください。

メソッド内容

エントリーメソッド

DNSの問い合わせを処理するメソッドで、かならずルールの最初に定義されます。

メソッド説明
entry_a問い合わせタイプがAレコードだったときに呼ばれるメソッド。entry_aaaaと組み合わせることができます
entry_aaaa問い合わせタイプがAAAAレコードだったときに呼ばれるメソッド。entry_aと組み合わせることができます
entry_cname問い合わせタイプがCNAMEレコードだったときに呼ばれるメソッド。かならず単独で使われます

後続するメソッドのReady Statusが「Up」ならばエントリーメソッドの Live Statusは「Up」になり、それ以外は「Down」になります。

条件メソッド

処理を分岐させるためのメソッドです。

メソッド説明
failover

後続するメソッドのうち、Ready Statusが「Up」になっていて優先度のもっとも高いものに処理を継続します。

  • メソッドは最大4つまで登録できます
  • 優先度は0-255の値を指定できます。同じ優先度のメソッドを複数登録することはできません
  • 数値の大きいものがもっとも優先度が高くなります(MXやSRVレコードの優先度とは異なりますのでご注意ください)

後続するメソッドのいずれかひとつでもReady Statusが「Up」ならばfailoverメソッドのLive Statusは「Up」になり、ひとつもなければ「Down」になります。

終了メソッド

DNS応答を返すためのメソッドで、かならずルールの最後に定義されます。通常はexit_siteを利用します。

メソッド説明
exit_site

応答する「サイト」を指定するメソッドです

サイトは「サイト管理」で設定します。指定するサイトのレコードタイプは、このメソッドが属するエントリーメソッドのレコードタイプと同じものである必要があります。このメソッドで設定したサイトが左側画面に自動的に表示されます

登録したサイトのLive Statusが「Up」ならば、exit_siteメソッドのLive Statusも「Up」になり、それ以外は「Down」になります

exit_sorry

IIJが提供する「ソーリーページ」(該当ホストにアクセスできない旨を知らせるWebページ)を表示させるためのメソッドです

ソーリーページは以下のような制限があります

  • HTTP以外のアクセスには対応していません(HTTPSでの利用はできません)
  • トラフィックコントロールをご利用のすべてのお客様で共用になり、表示内容をお客様ごとにカスタマイズすることはできません

exit_sorryのLive Statusは常に「Up」です