FAQ

お問い合わせの前にかならずご一読いただくようお願いします。

 

サービス内容に関するFAQ

Q. DNSプラットフォームサービスとはどんなサービスですか?

拡張性と柔軟性を重視し、セキュリティ機能を強化した統合型権威DNSサービスです。詳しくは「サービス概要」をご覧ください。

Q. プレミアムプランとベーシックプランの違いを教えてください

基本的な機能はベーシックプランでもご利用いただけます。プレミアムプランではいくつかの機能が強化されます。

 ベーシックプレミアム備考
マネージドDNSサーバプライマリとしてもセカンダリとしてもご利用可能なDNSサーバ群
DNSレコード編集 
DNSレコード履歴管理 
ANAMEゾーン頂点へのCNAME相当のレコード登録
DNSSEC上位ゾーンにDSレコードを登録できる必要があります
TSIGお客様サーバ側でも設定が必要です
マルチプロバイダ×海外提携DNS事業者の提供するDNSサーバ群の利用
対DDoS帯域1Tbps超30Tbps超 
多要素認証標準機能のニ要素認証に加え、別途「IIJ IDサービス」をご契約いただくことで、様々な認証オプションを設定できます
認可管理別途「IIJ IDサービス」をご契約いただくことで、ゾーンごとに編集、及び参照権限を細かく設定できます
QPS上限100200プレミアムプランでは100qps単位で追加可能です
SLA× 
Q. キャッシュDNSの機能はありますか?

いいえ、本サービスは権威DNSサービスです。キャッシュ機能はございません。

Q. ドメインの登録はできますか?

いいえ、本サービスは権威DNSサービスです。ドメインの登録および維持管理機能はございません。「IIJドメイン管理サービス」をご利用ください。

Q. 他社で登録したドメインを本サービスで利用することはできますか?

はい、ドメインを移管していただかなくても、ネームサーバ(NS)を本サービス指定のものに変更できればご利用可能です。

Q. DNSSECは対応していますか?

はい、標準でDNSSEC署名を行います。

ただし、DNSSEC検証を行うためには、ご利用のドメインレジストラ(指定事業者)経由でDSレコードを登録する必要があります。登録方法はご利用のレジストラにお問い合わせください。レジストラがIIJの場合(IIJドメイン管理サービスをご契約の場合)は自動で登録されます。

Q. クエリログは取得できますか?

いいえ、提供しておりません。ご了承ください。

Q. マネージドDNSサーバとは何ですか?

本サービスでインターネット上からのDNSクエリを受け付けるサーバです。プレミアムプランをご利用の場合、提携DNSプロバイダの提供するDNSサーバも含みます。お客様はマネージドDNSサーバをプライマリネームサーバとしても、セカンダリネームサーバとしてもご利用いただけます。

マネージドDNSサーバはご契約ゾーンごとに異なるサーバが割り当てられます。ご契約中のゾーンに割り当てられたマネージドDNSサーバは、コントロールパネルの「レコード管理」画面の「契約情報」の欄からご確認いただけます。また、ゾーン転送やDNS NOTIFYなどを行うサーバはマネージドDNSサーバとは異なるサーバとなります。お客様がご用意されたプライマリ/セカンダリネームサーバと連携してご利用される場合はマネージドDNSサーバとは別に設定が必要になりますのでご注意ください。

Q. ゾーンプロキシとは何ですか?

お客様の権威ネームサーバからマネージドDNSサーバにゾーン転送する機能を本サービスではゾーンプロキシと呼びます。
この機能を利用することで本サービスをセカンダリネームサーバとしてお使いいただけます。

Q. Anycastとは何ですか?

同じIPアドレスのサーバを複数の拠点に分散配置する技術です。サーバを世界各地に分散することにより、パケットの往復遅延が小さくなるほか、DDoS等に対しても攻撃対象のサーバが分散、局所化されますので耐障害性の点でもメリットが大きくなります。

本サービスでは、IIJが提供するAnycast拠点に加え、プレミアムプランでは提携DNS事業者の提供する数百もの拠点を合わせて利用できます。

コントロールパネルのご利用に関するFAQ

Q. Internet Explorerでアクセスできません

IEには対応していません。Chrome、Firefox、Edge、及びSafariなどを利用してください。

Q. スマートフォンでアクセスできません

対応しておりません。PC用ブラウザからアクセスしてください。

Q. 設定内容は確認できるけど変更できません

参照権限だけで編集権限が付与されていないIIJ IDアカウントでログインしている場合は設定変更はできません。IIJ ID管理者に依頼して編集権限を付与してもらってください。

また、ゾーンプロキシ機能を有効にしている場合は、編集権限のあるアカウントであっても「レコード管理」画面でゾーン情報を編集することはできません。この場合はお客様側プライマリネームサーバ側で編集していただくか、ゾーンプロキシ機能を無効にしてください。

Q. 画面表示が英語になります

IIJ lDアカウントでログインし、かつIIJ IDアカウントの言語設定が英語になっている場合、または、サービスの運用管理担当者でログインし、かつWebブラウザの言語設定で日本語以外を優先するようになっている場合、コントロールパネルは英語で表示されます。言語設定を日本語に切り替えてから再度ログインすることで日本語表記になります。

IIJ IDアカウントの言語設定の変更方法はこちらをご覧ください。

ゾーン編集に関するFAQ

Q. ラウンドロビンの設定をしたいのですが同じ名前のレコードを複数登録できません

NameとTypeの組み合わせが同じレコードを複数登録する(「www.example.jp/A」を2つ作り、それぞれに値を登録する)ことはできません。

NameとTypeの組み合わせごとに複数のValueを登録する(「www.example.jp/A」を1つ作ってそこに2つの値を登録する」)ことはできます。複数のValueを登録するには、改行区切りで値を列挙してください。なお、SOAやCNAMEなど、複数Valueの登録が制限されているレコードタイプもあります。詳しくは「レコード管理」をご覧ください。

Q. ゾーン名と同じ名前のCNAMEを設定しようとするとエラーになります

DNSの仕様(ルール)としてできません(本サービスの制限ではありません)。代わりに「ANAME」のご利用を検討ください。

Q. ワイルドカードレコードは書けますか?

はい。Nameとして"*"を指定してください。

Q. レコード編集してゾーン反映させたのに反映されてないレコードがあります

同じゾーンを複数の担当者が同時に編集している場合、ゾーン反映ボタンを押して反映されるのは自分が編集したレコードだけです。自分以外の担当者が編集したレコードは反映されずに残りますのでご注意ください。

サービス仕様に関するFAQ

Q. QPSとは何ですか?

query per secondの略で、1秒あたりのDNSクエリの数です。

Q. QPSはどうやって数えていますか?

95%ルールです。5分間隔で測定した平均QPSのうち、月間で上位5%をカットしたものを上限QPSとします。短時間のDDoS攻撃を受けた場合など、突発的なピークのあるケースでも課金額が抑えられます。

なお、同一のDNSプラットフォームサービス契約内で複数のマネージメントDNSサービスの契約がある場合、各契約のQPSが合算されます。

Q. QPSがプラン上限を超えたらどうなりますか?

お客様にご連絡します。上限を超えてすぐに制限することはありません。

Q. 自分のドメインがどのくらいのクエリ数なのか確認する方法はありますか?

現状では用意しておりませんが、将来的に確認手段を提供する予定です。

なお、ベーシックプランの上限である100qpsを越えるクエリがあるドメインは全ドメインの1%未満で、よほどの大規模サイトでなければ上限を越えることはありません。

Q. SLAとは何ですか?

service level agreement(サービス稼働率保証)の略です。本サービスではプレミアムプランに限りSLAを保証しています。詳しくは「SLA」をご覧ください。