マネージドDNSサーバのみでDNSを運用する

お客様にてDNSサーバを用意いただくことなく、本サービスの提供するマネージドDNSサーバだけでDNSを運用する方法です。

  1. 共通設定の確認をします。
    共通設定の以下の内容を確認します。必要に応じて共通設定を追加します。
    • 「プライマリネームサーバ設定」の「プライマリサーバアドレス」が未設定
    • 「セカンダリネームサーバ設定」の「マネージドDNSサーバ」が有効で、「ゾーン転送要求の許可」及び「DNS NOTIFY」が共に未設定
    共通設定を新たに追加した場合は、上記の設定になっています。
  2. ゾーンに手順①の共通設定を適用します。
    設定方法については「共通設定の切り替え」をご覧ください。
  3. レコード管理画面でレコード編集します。
    NSレコード以外のレコードを必要に応じて編集します。

    【参考】

    NSレコードには初期状態でマネージドDNSサービスのサーバが3つ記載されています。変更しないでください。
    書き換えてしまった場合は、レコード管理画面の契約情報に記載されていますので、編集し元に戻します。

  4. ネームサーバを申請
    マネージドDNSサービスのサーバ3つを申請します。
    • IIJドメイン管理サービス(汎用JP型、属性地域JP型、gTLD型)でご契約いただいているドメインと同名の正引きゾーンの場合、ネームサーバ申請画面の「ネームサーバ申請」をクリックすると申請できます。
      • IIJドメイン管理サービスを契約していない場合は、ドメイン登録事業者(レジストラ、及びjpドメイン指定事業者)に申請してください。
    • IIJの各種回線サービスでご契約いただいているIPアドレスレンジに対応する逆引きゾーンの場合、ネームサーバ申請画面の「ネームサーバ申請」をクリックすると申請できます。
      • 申請前に、該当の回線サービスとIIJ DNSプラットフォームサービスの契約を連携させる必要があります。
      • IIJの各種回線サービス以外で割り当てられたIPアドレスの場合は、IPアドレス割り当て元の組織に申請してください。
  5. DSレコード申請
    • DNSSEC署名が有効の場合のみ申請できます。
    • DSレコードについては「DSレコードの更新」をご覧ください。