情報一括登録

一覧の編集画面では、CSV及びExcelファイルのインポート機能により、情報の一括登録、変更、削除ができます。

ソフトウェアの「管理項目設定」を例に説明します。

1.「管理項目設定」画面で、上部の「ソフトウェア」をクリックします。

2.一覧画面で、CSVまたはExcelをラジオボタンで選択して、「」をクリックします。

CSVまたはExcel形式のファイルがダウンロードされます。

3. 手順2でダウンロードしたファイルを開き、2行目以降に設定内容を入力します。

インポート用ファイルの記述方法は、CSVExcel形式のファイル共通です。


インポート用CSVファイル記述例(CSV形式)

例① 更新と新規追加を同時に実施する場合

2~3行目の管理項目名称を変更、4行目の新規管理項目を追加

"保存内容","レコードID","管理項目名称","グループ","入力形式","入力必須項目","連携する一覧情報","備考"
"更新","131182","SW名称*","01 基本情報","テキスト","無","ソフトウェア一覧",""
"更新","131183","Version*","01 基本情報","テキスト","無","",""
"新規","","備考(管理用)","03 管理情報","長文テキスト","無","",""


例② 更新のみ実施する場合

更新対象行(項目名)以外の列は省略可能です。「保存内容」「レコードID」は必須のため、省略はできません。

"保存内容","レコードID","管理項目名称"
"更新","131182","SW名称*"


例③ 新規追加のみ実施する場合

レコードを追加する場合、追加行の全項目の入力が必要です。省略はできません。

"保存内容","レコードID","管理項目名称","グループ","入力形式","入力必須項目","連携する一覧情報","備考"
"新規","","備考(管理用)","03 管理情報","長文テキスト","無","",""


「保存内容」、「レコードID」及びその他設定項目の書き方について、下表をご覧ください。

項目

説明

保存内容

  • 行を更新する場合は、「更新」と入力します
  • 行を新規追加する場合は、「新規」と入力します
  • 行を削除する場合は、「削除」と入力します

レコードID

  • 変更しないでください
  • 行を新規追加する場合は、空欄とします

「保存内容」、「レコードID」以外の設定項目

  • 一覧により異なります
  • 行を更新する場合は、変更対象以外の設定項目は省略できます
  • 行を新規追加する場合は、全設定項目の入力が必要です
  • 行を削除する場合は、入力不要です

4. 入力が完了したら、ファイルを任意の名前で保存します。

5. 「編集」をクリックします。

編集画面が表示されます。

6. 一覧右上のファイル指定から、インポートするファイルを指定して、「」をクリックします。

一覧の編集画面に、設定内容が反映されます。

7.「保存確認」をクリックします。

8. 一覧の変更内容を確認し、「保存」をクリックします。

9. 構成情報メニューの「ソフトウェア」で、一覧に新しい管理項目名称が反映されたことを確認します。