収集対象設定

インベントリ収集対象となるノード、ESXi、AWS、Azureのアカウント情報を登録します。
インベントリ収集対象により、設定メニューが異なりますので、メニューへのアクセス、及び入力項目の詳細については、以下参照先をご覧ください。

インベントリ収集対象

メニュー

参照先

ノード

「基本情報 管理設定」の「ノード設定」

ノード設定

「基本情報 管理設定」の「ノードアカウント設定」

ノードアカウント設定

ESXi

「仮想基盤 管理設定」の「ESXi設定」

ESXi 設定

「仮想基盤 管理設定」の「ESXiアカウント設定」

ESXi アカウント設定

AWS

「AWS 管理設定」の「AWSアカウント設定」

AWS アカウント設定

Azure

「Azure 管理設定」の「Azureアカウント設定」

Azure アカウント設定


本手順では、「AWS アカウント設定」画面を例に説明します。

1. 「AWS アカウント設定」の一覧画面で、「編集」をクリックします。

「サービス設定」の「クラウドアカウント設定」に登録された情報が連携され、一覧に表示されています。

2. 編集画面で、収集対象のAWSアカウント情報を登録します。

自動で定期収集を行う場合は、収集対象の「インベントリ定期収集」を「有」に設定してください。

入力項目について詳しくは、「AWS アカウント設定」をご覧ください。

(例)認証情報「aws-12345」を定期収集「無」として追加

3.「保存確認」をクリックして、変更箇所を確認します。

4.「保存」をクリックします。

設定が保存されます。