ロール設定

マスターIDに対して、基本ロール及びサブロールの設定を行います。

「ロール設定」へのアクセス

「権限管理」の「ロール設定」メニューをクリックします。


「ロール設定」の編集

サービスコードに紐づく運用管理担当者の「マスターID」が一覧に表示されます。
「マスターID」に対して、「ロール」をプルダウンから選択し、「パスワード閲覧権限」、「承認権限」、及び「ITSM利用権限」の有無を選択します。

一覧の編集方法について詳しくは、「一覧の編集」をご覧ください。
CSVまたはExcel形式のファイルをインポートして一括編集する方法もあります。詳しくは、「情報一括登録」をご覧ください。

アカウントに設定できるロールは、下表のとおりです。

ロール種別

ロール名称

説明

基本ロール※1

特権ユーザ

ロールにより、アカウントに付与される閲覧、操作権限が異なります

管理ユーザ

更新ユーザ

参照ユーザ

サブロール※2

パスワード閲覧権限

  • 構成情報で入力された暗号化情報を確認できます
  • 権限がない場合は「●●●●」形式で表示されます

承認権限

  • ITSMツール、ワークフローで承認権限を利用します

ITSM利用権限 

  • ITSMの利用権限です。設定を行わないとITSMは利用できません
  • 割り当てられるアカウント数は、契約内容により異なります

11アカウントに対して、1ロール割り当てます。
21アカウントに対して、複数ロールの割り当てができます。


構成管理における基本ロールの権限

ロール

メニュー表示

操作権限

権限管理

基本情報 管理設定
仮想基盤 管理設定
AWS 管理設定
Azure 管理設定

インベントリ収集Excel 連携

基本情報
仮想基盤情報
AWS 情報
Azure 情報

履歴

編集

閲覧

特権ユーザ

管理ユーザ

更新ユーザ

参照ユーザ


入力項目について詳しくは、下表をご覧ください。

入力項目

必須/任意

説明

ロール

必須

  • 基本ロールをプルダウンリストから選択します。以下から1つ選択できます
    • 特権ユーザ
    • 管理ユーザ
    • 更新ユーザ
    • 参照ユーザ
  • 初期設定は、「特権ユーザ」です

パスワード閲覧権限

任意

  • 「有」に設定した場合、暗号化情報を一覧で表示、確認できます
    • 「管理項目設定」で入力形式が「暗号化情報」に設定されているCIが対象です
  • 「無」に設定した場合、暗号化情報は「●●●●」の形で表示されます
  • 初期設定は、「無」です

承認権限

任意

  • ITSMツール、ワークフローで承認権限を利用する場合、「有」に設定します
  • 初期設定は、「無」です

ITSM利用権限

任意

  • ITSMを利用する場合、「有」に設定します
  • 初期設定は、「無」です