ステータスの参照

サービスアダプタのステータスを確認することができます。

操作対象のサービスアダプタのモデル-シリアル番号をクリックすると、次の画面が表示されます。

サービスアダプタの状態

次の情報が一覧されます。

項目説明補足
モデル-シリアル番号サービスアダプタを識別する番号メモ欄の内容が併記されます。また、メモ欄を編集できます
バージョンサービスアダプタのファームウェアバージョンサービスアダプタが起動時に通知したバージョンが表示されます
接続状況サービスホストとサービスアダプタ間の操作用接続の状況「接続」または「切断」が表示されます
IPv4アドレスサービスホストとの通信に使用しているIPv4アドレス 
IPv6アドレスサービスホストとの通信に使用しているIPv6アドレス 
サービスコード「IIJマルチプロダクトコントローラサービス/サービスアダプタ」のサービスコード 
ウルトラセンドバックウルトラセンドバックオプション契約の有無 
モバイルアクセスモバイルアクセスオプション契約の有無 
監視グループサービスアダプタが所属する監視グループ 
現在の起動状況起動シーケンスの各段階の成否 
コンフィグ更新日時「起動時コンフィグ」が更新された日時サービスホスト上のコンフィグの更新にあたります
コンフィグ反映日時「起動時コンフィグ」がサービスアダプタに反映された日時サービスアダプタへのコンフィグの反映にあたります
過去の履歴

イベントの履歴を参照できます。

項目内容
接続状況の履歴接続状況の変化に関するイベント
コンフィグ反映の履歴サービスアダプタ起動時のコンフィグ自動取得および、稼働中のサービスアダプタへのコンフィグ反映に関するイベント
機器操作の履歴タスクの実行に関するイベント
機器交換の履歴センドバック交換やエントリ/スタンバイ交換に伴うサービスコードとモデル-シリアル番号の関連付けの変化に関するイベント

起動状況

「コンフィグ取得」、「接続確認開始」、「コンフィグ反映・操作可能」の一連のサービスアダプタ起動の流れを視覚的に確認できます。サービスアダプタとの接続性を確認できないときなど、トラブル解決の際に役立ちます。サービスアダプタが起動し、コンフィグを取得する度に、ランプの状態と時刻はリセットされます。
各起動状況の詳細は以下の通りです。

起動状況サービスアダプタの動作
コンフィグ取得RSからコンフィグを取得したことを示します
接続確認開始取得したコンフィグで動作し、サービスホストとの接続性を確認しています
コンフィグ反映・操作可能サービスホストとの接続性確認が成功したことを示します

ご契約後、一度も接続されていないサービスアダプタの場合は、次のように表示されます。

サービスアダプタが正常に起動すると、次のように表示されます。

各種オペレーションの実行

サービスアダプタに対して情報参照コマンドを実行し、実行結果を取得します。

これらのオペレーションの実行タイミングは「即時」です。実行結果はタスク管理画面でも参照できます。

 

  • 「切断」状態のサービスアダプタに対して実行すると、実行失敗になります
  • 機種ごとの搭載機能の差異により、実行可能なオペレーションが異なります(実行可能なオペレーションのみ表示されます)
  • 機種が異なる複数台を選択して参照する場合は、選択された全ての機種が使用可能なオペレーションのみ実行できます(共通で実行可能なオペレーションのみ表示されます)

 

ステータスの取得

「ステータスの取得」の各項目をクリックすると、対応するステータス参照コマンドが実行されます。

項目実行内容
arpARPのステータスを取得する
bridgeブリッジの動作情報を取得する
dhcpDHCPの動作情報を取得する
dhcp6DHCPv6の動作情報を取得する
dialup-deviceモバイルデータ通信端末の状態を取得する
dnsDNS中継の動作状況を取得する
dns-forwarder
filterIPv4パケットフィルタの動作状況を取得する
filter6IPv6パケットフィルタの動作状況を取得する
floatlinkフロートリンクの動作状況を取得する
ikeIKEの動作状況を取得する
interface設定されているインタフェースの動作情報を取得する
interface lan0LAN0インタフェースの動作情報を取得する
interface.ge1GE1インタフェースの動作情報を取得する
ipsecIPsecの動作情報を取得する
lldpLLDPの情報を取得する
l2tpL2TPv3の動作情報を取得する
macfilterMACアドレスフィルタの動作状況を取得する
mactableL2スイッチのMACアドレステーブルが学習済みのMACアドレスを取得する
natNATの動作状況を取得する
nat6NAT6セッションの状態を取得する
ndpNDPテーブルを取得する
ntpNTPの動作状況を取得する
option各種オプション機能の動作状態を取得する
pppPPPの動作情報を取得する
pppacPPPACセッションの状況を取得する
resolverリゾルバの動作情報を取得する
routeIPv4の経路表を取得する
route6IPv6の経路表を取得する
rtadvdルータ広告の動作情報を取得する
snmpSNMPの動作情報を取得する
vrrpVRRPv2の動作情報を取得する
vrrp3VRRPv3の動作情報を取得する
ステータスの取得(自由入力)

任意のステータス参照コマンドを実行できます。

入力フォームにコマンドを入力し「実行」をクリックすると、コマンドに対応する情報(動作状況)が表示されます。

統計情報

「統計情報の取得」の各項目をクリックすると、対応する統計情報参照コマンドが実行されます。

項目実行内容
application-gatewayアプリケーションゲートウェイの統計情報を取得します
interfaceインタフェースの統計情報を取得します
networkネットワーク関連の統計情報を取得します
証明書

「参照」をクリックすると、証明書参照コマンドが実行されます。

コンフィグ

「参照」をクリックすると、コンフィグ参照コマンドが実行されます。

成功するとサービスアダプタの「稼働コンフィグ」が表示されます。

ログ

「参照」をクリックすると、ログ参照コマンドが実行されます。

成功すると稼働中のサービスアダプタのログが表示されます。

システム

「参照」をクリックすると、システム情報参照コマンドが実行されます。

成功するとサービスアダプタのシステム情報が表示されます。

サポート情報の取得

「参照」をクリックすると、サービスアダプタのソフトウェア不具合調査に必要となるログやステータス情報を一括取得するコマンドを実行します。

グラフの参照

「グラフ」の「参照」をクリックすると、サービスアダプタのトラフィックやリソースのグラフを参照することができます。

グラフの概要

グラフは、サービスアダプタがサービスホストへ5分間隔で送信するHeartBeatパケットに含まれるデータを元に描画されます。

表示対象期間1日間、7日間、30日間、30日前以降の任意の期間
データの粒度5分毎の現在値または5分間の平均値
グラフの更新間隔30分毎
グラフの種類

トラフィック量(bytes/sec)

イーサネットインタフェースが送受信したトラフィック量をインタフェースごとに表示します。次の値が含まれます。

  • 送信トラフィック量
  • 受信トラフィック量

選択された表示期間によって最小単位時間がグラフ画像の解像度上表示しきれない場合、まとめられた単位時間内の最大値を用いて描画します。

縦軸の単位は表示期間中の値のスケールによって変化します。

トラフィック(packets/sec)

イーサネットインタフェースのが送受信したパケット数をインタフェースごとに表示します。次の値が含まれます。

  • 送信パケット数
  • 受信パケット数
  • 送信エラー
  • 受信エラー

選択された表示期間によって最小単位時間がグラフ画像の解像度上表示しきれない場合、まとめられた単位時間内の最大値を用いて描画します。

縦軸の単位は表示期間中の値のスケールによって変化します。

CPU使用率(%)

CPU使用率を表示します。複数のCPU(またはCPUコア)を搭載する機種は、CPU毎のグラフと全CPUの使用率の平均値のグラフを表示します。

選択された表示期間によって最小単位時間がグラフ画像の解像度上表示しきれない場合、まとめられた単位時間内の平均値を用いて描画します。

メモリ使用率(bytes)

メインメモリの使用量と空き容量を表示します。

選択された表示期間によって最小単位時間がグラフ画像の解像度上表示しきれない場合、まとめられた単位時間内の平均値を用いて描画します。

電波の受信レベル

モバイルデータ通信端末の電波受信レベルを表示します。

選択された表示期間によって最小単位時間がグラフ画像の解像度上表示しきれない場合、まとめられた単位時間内の平均値を用いて描画します。