コマンドラインコンフィグ

サービスアダプタごとのコンフィグをテキストエリアに直接入力して作成します。

当サービスの外で作成されたコンフィグを流用することができます。

コンフィグの変更

設定済みのコンフィグを変更する場合は、変更元のコンフィグを選択できます。

作業コンフィグ

前回保存された「作業コンフィグ」の内容を編集画面に呼び出します。

作業コンフィグの最終保存日時が起動時コンフィグの最終反映日時より新しい場合は、反映後に編集された未反映の変更が含まれている可能性があります。

起動時コンフィグ

サービスアダプタが起動時に取得するコンフィグとして反映された「起動時コンフィグ」を編集画面に呼び出します。

当該サービスアダプタがテンプレートに所属している場合は、テンプレートによって生成および反映されたコンフィグが編集画面に呼び出されます。テンプレートに作業コンフィグを呼び出すシステム変数を設定している場合は選択しないでください。

コンフィグのチェック

変更したコンフィグを保存するとき、入力されたコンフィグの構文チェックが自動的に行われます。

文法チェックは各サービスアダプタの最新ファームウェアの文法を正とします。

  • パスワード文字列の誤りや経路設定の不足といった問題は検知されません。
  • 古いバージョンのファームウェアを使用する場合は、未サポート機能のパラメータがエラー検知されず、稼働コンフィグへの反映時にエラー検知される場合があります。
保存と反映

新規作成や変更したコンフィグを「保存」すると、変更元として選択したコンフィグによらず「作業コンフィグ」に保存されます。保存せずに作業画面を閉じると変更内容は破棄されます。

コンフィグを「保存」したのち、「反映」操作により「起動時コンフィグ」および「稼働コンフィグ」に反映できます。

「保存」操作を行わずに「起動時コンフィグ」や「稼働コンフィグ」に反映することはできません。

当該サービスアダプタがテンプレートに所属している場合は、「コンフィグの反映」画面から反映する必要があります。