運用・管理コマンドの実行

各種コマンドをサービスアダプタ上で実行することができます。

実行可能なコマンドは以下の通りです。コマンド名をクリックすると、実行オプションを指定する画面が表示されます。

コマンド内容
ping任意のホストのIPv4 ICMPの応答性を確認することができます
ping6任意のホストのIPv6 ICMPの応答性を確認することができます
clear各機能が持つ一時情報(セッションやキャッシュ、およびログ等)をクリアすることができます
traceroute任意のホストまでのIPv4の通信経路を確認することができます
traceroute6任意のホストまでのIPv6の通信経路を確認することができます
resetモバイルデータ通信端末をリセットすることができます
wolWake On LANパケットを送信することができます
measureファイルダウンロードの速度を測定することができます

コマンドは即時実行され、実行が完了するとサービスアダプタからサービスホストに実行結果が送信されます。実行結果は操作画面に表示されるほか、「タスクの管理」画面の「実行済みタスク」から実行履歴と結果を参照できます。

  • 「切断」状態のサービスアダプタに対して実行すると、実行失敗になります
  • 機種ごとの搭載機能の差異により、実行可能なコマンドが異なります(実行可能なコマンドのみ表示されます)
pingコマンドの実行

任意のホストのIPv4 ICMPの応答性を確認することができます。

「ping」をクリックすると、次の画面が表示されます。

必要なパラメータを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
宛先(必須)

宛先のIPアドレスまたはホスト名

  • 同時に複数の宛先を指定できます
ペイロード長

0-65467 byte (初期値:56)

フラグメントの可否フラグメント可/フラグメント不可 (初期値:フラグメント可)
送信先IPv4アドレス

任意のIPアドレス (初期値:自動判定)

  • サービスアダプタに付与されているアドレスに限ります
Record Route

使用する/使用しない (初期値:使用しない)

  • パケットを中継したホストの記録の有無を指定できます
ping6コマンドの実行

任意のホストのIPv6 ICMPの応答性を確認することができます。

「ping6」をクリックすると、次の画面が表示されます。

必要なパラメータを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
宛先(必須)

宛先のIPアドレスまたはホスト名

  • 同時に複数の宛先を指定できます
ペイロード長

0-65467 byte (初期値:56)

フラグメントの可否フラグメント可/フラグメント不可 (初期値:フラグメント可)
送信先IPv6アドレス

任意のIPアドレス (初期値:自動判定)

  • サービスアダプタに付与されているアドレスに限ります
tracerouteコマンドの実行

任意のホストまでのIPv4の通信経路を確認することができます。

「traceroute」コマンドを実行すると次の画面が表示されます。

必要なパラメータを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
宛先宛先のIPアドレスまたはホスト名
プロトコルUDPまたはICMP
送信元IPv4アドレス

任意のIPアドレス (初期値:自動判定)

  • サービスアダプタに付与されているアドレスに限ります
最大TTL1-30 (初期値:20)
1hopごとの試行回数1-3 回 (初期値:1)
1回の試行ごとの待ち時間1-5 秒 (初期値:1)
traceroute6コマンドの実行

任意のホストまでのIPv6の通信経路を確認することができます。

「traceroute6」をクリックすると次の画面が表示されます。

必要なパラメータを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
宛先宛先のIPアドレスまたはホスト名
プロトコルUDPまたはICMP
送信元IPv6アドレス

任意のIPアドレス (初期値:自動判定)

  • サービスアダプタに付与されているIPアドレスに限ります
最大TTL1-30 (初期値:20)
1hopごとの試行回数1-3 (初期値:1)
1回の試行ごとの待ち時間1-5 (初期値:1)
clearコマンドの実行

各機能が持つ一時情報(セッションやキャッシュ、およびログ等)をクリアすることができます。

「clear」をクリックすると、次の画面が表示されます。

任意のclearコマンドを入力、または選択肢から選び「確定」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
arp-cacheARPキャッシュをクリアする
counter interface allインタフェースの各種カウンタ値をクリアする
counter routeIPv4経路の参照数をクリアする
counter route ipv4
counter route6IPv6経路の参照数をクリアする
counter route ipv6
filter stateIPv4動的フィルタにより生成されたルールをクリアする
filter state ipv4
filter6 stateIPv6動的フィルタにより生成されたルールをクリアする
filter state ipv6
floatlink name-serviceフロートリンクのネームサーバへアクセスし、ノードIDとIPアドレスの対応を更新する
floatlink interface allフロートリンクを使用するすべてのインタフェースの状態をクリアする
ike peer allIKE phase1 で確立したすべてのセキュリティアソシエーションをクリアする
ipsec allIKE phase1 および IKE phase2 で確立したすべてのセキュリティアソシエーションをクリアする
ipsec security-association allIKE phase2 で確立したすべてのIPsecセキュリティアソシエーションをクリアする
l2tp session allL2TPv3セッションをクリアする
l2tp session interface l2tp0
l2tp tunnel allL2TPv3トンネルをクリアする
l2tp tunnel interface l2tp0
l2tp tunnel interface rac0rac0インタフェースのL2TPトンネルをクリアする
lldpLLDPの状態をクリアする
logサービスアダプタが保持しているログをクリアする
nat-sessionNATにより動的に生成されたすべてのNATセッションをクリアする
nat-session ipv4
nat6-sessionNAT6のセッションをクリアする
nat-session ipv6
ndp-cacheサービスアダプタが保持するNDPキャッシュをクリアする
pppac session allすべてのPPPACセッションをクリアする
pppac session protocol l2tpL2TPを使用しているPPPACセッションをクリアする
pppac session protocol pptpPPTPを使用しているPPPACセッションをクリアする
pppac session protocol pppoePPPoEを使用しているPPPACセッションをクリアする
pppac session interface pppac0pppac0インタフェース上のセッションをすべてクリアする
route all動的経路制御で受けたすべての経路をクリアする
route6 all動的経路制御腕受けてすべてのIPv6経路をクリアする
router-advertisement interface allルータ広告で取得した情報をクリアし、RSを送信する
ssh known-hosts-cacheSSHクライアント機能で用いる、known hosts キャッシュデータベースをクリアする
statistics application-gatewayアプリケーションゲートウェイ機能の統計用カウンタ値をクリアする
resetコマンドの実行

モバイルデータ通信端末をリセットすることができます。

「reset」をクリックすると、次の画面が表示されます。

任意のresetコマンドを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

wolコマンドの実行

Wake On LANパケットを送信することができます。

「wol」をクリックすると、次の画面が表示されます。

必要なパラメータを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
MACアドレスMACアドレスをコロン区切りで入力します(例:XX:XX:XX:XX:XX:XX)
送信先インタフェース有効なlanインタフェースを指定します
IPv4アドレスWake On LANパケットを送信するIPv4アドレスを入力します
ポート番号Wake On LANパケットを送信するポート番号を入力します
measureコマンドの実行

ファイルダウンロードの速度を測定することができます。

「measure」をクリックすると、次の画面が表示されます。

必要なパラメータを入力して「実行」をクリックすると、オペレーションを即時実行するタスクが登録されます。

パラメータ説明
ダウンロード対象ファイルのURL

任意指定 (http、http、ftpが利用可能)

  • 未入力時はサービスホストの測定用URLを使用(10MB)
接続元IPアドレス

任意のIPアドレス (初期値:自動判定)

  • サービスアダプタに付与されているアドレスに限ります