サービスのセキュリティ

サービスアダプタの保護

サービスアダプタは起動時にRSから取得したコンフィグをメモリ上に展開して動作し、機器内のストレージには保存しません。このため、サービスアダプタの電源を切るとコンフィグはすべて消去されます。

また、サービスアダプタはコントロールパネルからのみ制御が可能であり、シリアルコンソール、Telnet、およびSecure Shellなどによるアクセス手段は、すべて無効化されています。

これらの仕様により、サービスアダプタへの不正アクセスの可能性を排除し、また、万が一サービスアダプタが盗難にあった場合もコントロールパネルから当該サービスアダプタのコンフィグを消去することができ、サービスアダプタからコンフィグを読み取ることもできません。

制御通信の保護

お客様がコントロールパネルで入力や参照する情報は、SSLにより暗号化されます。

また、サービスアダプタとサービスホストとの通信も同様に、SSLにより暗号化されます。

サービスホストの脆弱性対応について

サービスホストに関係するセキュリティ脆弱性情報については、適宜その把握に努め、適切な対応を行います。

脆弱性対応状況に関する個別のお問い合わせは、サービスホストの構成の類推に繋がるため回答いたしません。