設定内容一時保存

「入力欄」で入力した情報、及び検索条件を一時保存します。再度同画面にアクセスした際に一時保存した状態から再開できます。 

1. 入力中に「一時保存」をクリックします。

※ 一時保存される内容について詳しくは、以下の表をご覧ください。

項目一時保存される内容
設定情報
  • 適用希望日時の設定
  • 「メールアドレス入力」欄に入力した内容
検索条件
  • チェック項目、及びテキスト欄への入力内容すべて
入力欄
  • テキスト欄への入力内容や設定項目すべて
  • 並び替えのキーに指定したヘッダー項目と昇順、降順の順序
  • 一時保存時に選択していたページ番号と表示位置

2. 入力を再開する場合は、一時保存を行った該当の画面にアクセスします。

一時保存した内容を削除する場合は、「変更前に戻す」をクリックします。
一時保存情報は設定種別ごとに削除できます。

【注意】

一時保存情報はログインユーザではなく、サービスコード単位で保存削除されます。また、「変更前に戻す」をクリックする以外にも、以下の操作で一時保存情報が削除されます。

  • 監視コントロールパネルで登録済みの監視対象ノードを削除し、「運用ノード設定」画面を表示した場合、「ログインアカウント設定」と「アラート通知/対応設定」の一時保存情報が削除されます。
  • 監視コントロールパネルで登録済みの監視項目を削除し、「運用ノード設定」画面を表示した場合、「アラート通知/対応設定」の一時保存情報が削除されます。
  • 監視コントロールパネルで、監視対象ノードの情報を変更し、「運用ノード設定」画面を表示した場合、「ログインアカウント設定」と「アラート通知/対応設定」の一時保存情報が削除されます。