Officeポータルなどでユーザの属性やライセンスを変更をしても戻ってしまう

現象

Officeポータル、Azureポータル、及びPowerShellなどからOffice 365ユーザの属性及びライセンスを変更した場合に、最大1日間程度で属性やライセンスが元に戻ってしまう。

原因

IIJ IDサービスからプロビジョニングしたアカウントは、IIJ IDサービス以外からの操作はできません。

IIJ IDサービス以外から操作を行なった場合は、IIJ IDサービスで設定したユーザ属性及びライセンスが自動的に再適用されます。

【参考】

IIJ IDサービスで同期対象となっていないAzure ADの属性を変更した場合は、IIJ IDサービスによって設定の変更、及び削除をすることはありません。

同期対象のAzure AD属性については、「IIJ IDサービス オンラインマニュアル[管理者用]」の「Azure ADにエクスポートされる属性値について」をご覧ください。

対応

IIJ IDサービスにて、ユーザの属性やライセンスを変更してください。操作方法については、「IIJ IDサービス オンラインマニュアル[管理者用]」の「利用者設定をする」、「Office 365 / Dynamics 365アプリケーションのプロビジョニングのジョブを確認する」をご覧ください。