利用者設定をする

IIJ IDコンソールで、Office 365 / Dynamics 365アプリケーションを利用するユーザを設定します。

ユーザを利用者に設定すると、ユーザのマイアプリケーション上にアイコンが表示されます。

【参考】

プロビジョニング設定を行った場合は、利用者がOffice 365(Azure AD)にエクスポートされます。

  1. 「アプリケーション」の「アプリケーションの管理」をクリックします。


  2. 「Office 365 / Dynamics 365」の「編集する」をクリックします。


  3. 「利用者設定」をクリックします。

  4. 「利用者を追加する」をクリックします。
     

  5. 利用者の以下の項目を入力し、「利用者を追加する」をクリックします。

    項目内容備考
    用者(グループ)

    アプリケーションの利用者とするグループを選択します

    アプリケーションへのログイン許可設定を変更できます。
    詳しくは、「アプリケーションへのログイン許可設定を変更する」をご覧ください。

    マイアプリケーションへの表示利用者のマイアプリケーションにアイコンを表示するかを選択します 
    ライセンスとプランの選択

    利用者に付与するライセンスとプランを選択します

    「ライセンスを選択しない」を選択した場合、Azure ADへのプロビジョニングは行われません

    プロビジョニング設定が有効にされている場合のみ表示されます
    【参考】

    利用者設定」と「グループ設定」でエクスポートされるアカウント情報には、以下の違いがあります。

    利用者設定
    • ユーザがAzure ADにエクスポートされます。
    • グループはAzure ADにエクスポートされません。
    グループ設定
    • グループがAzure ADにエクスポートされます。
    • グループに所属するユーザの情報もAzure ADにエクスポートされます(対象のユーザがAzure ADで事前に作成されている必要があります)。
    • ユーザはAzure ADにエクスポートされません。