Office 365 / Dynamics 365アプリケーションのプロビジョニングのジョブを確認する

Office 365 / Dynamics 365アプリケーションが定期的に行うプロビジョニングの結果を確認します。

  1. 「レポート」の「ジョブ履歴」をクリックします。


  2. ジョブを確認します。


    Office 365 /Dynamics 365アプリケーションのプロビジョニングによるジョブは以下の通りです。

    タイプ処理内容
    import.msonline_user

    Azure ADからユーザがインポートされました

    import.msonline_group

    Azure ADからグループがインポートされました

    import.msonline_group_member

    Azure ADからグループメンバがインポートされました

    export.msonline_userAzure ADへユーザをエクスポートしました
    export.msonline_groupAzure ADへグループをエクスポートしました
    export.msonline_group_memberAzure ADへグループメンバーをエクスポートしました
    export.msonline_licenseAzure ADのユーザへライセンスを付与しました
    【参考】Azure ADへのエクスポートは以下の場合に実行されます。

    • アカウントがエクスポート対象に追加された場合
    • アカウントがエクスポート対象から除外された場合
    •  Azure ADへのエクスポート対象の属性値が変更された場合
    • ユーザに割り当てるライセンス・プランが変更された場合

    • エクスポート対象のアカウントを、IIJ IDサービス以外(AzureポータルやOfficeポータル、PowerShellなど)から変更した場合

      • IIJ IDサービスからプロビジョニングしたアカウントに対して、IIJ IDサービス以外からは操作しないでください

      • エクスポート実行後は、アカウントはIIJ IDサービスの属性値に戻されます(変更内容によっては同期が正常に行なわれなくなる可能性があります)