メール取り込みオプション

本オプションで提供するメールアドレス宛にメールを送付すると、メールの内容を取り込んでIIJ統合運用管理サービスで管理できます。アラート通知やチケット管理との連携が可能です。

項目仕様
契約単位1
最小契約数0
最大契約1
最小メールフィルタリング件10
最大メールフィルタリング件1000
契約条件IIJ統合運用管理サービス 基本契約が必要です
解約条件本オプションのみの解約が可能です
提供機能
  • 指定されたメールアドレスに対してメールを送付すると、対象のメールを取り込み、IIJ統合運用管理サービスで管理できます
  • 取り込むメールは、「UOMポータル」のサービス設定機能でメールの差出人(From)、宛先(To、Cc)、件名、本文に対して文字列マッチングで指定することができ、アラート通知機能、チケット管理機能、各種運用サービスと連携できます
補足事項
  • 添付ファイルはメールを取り込む際に除外され、全パートに添付ファイルを除去した旨のメッセージが挿入されます。
  • 取り込むメール本文にURLが記載されている場合は、URLの「.(ドット)」が「*(アスタリスク)」に変換され、URLを無効化した旨のメッセージが挿入されます。
    ※URLとして認識できないアドレスは変換されない場合があります。
  • HTMLメールはHTMLタグがすべて削除され、テキスト化されます。テキスト化した旨のメッセージが元のHTMLパートに挿入されます。
    ※表などの体裁は崩れて表示されることがあります。
  • 指定されたメールアドレスに対してメールを送付する際は、指定メールアドレスを明示的に宛先(To)に指定してください。Cc、Bcc、 返信メールは、メールを取り込みません。
制限事項
  • 指定メールアドレスに対して、1秒間に1通以上のメールを受信した場合は、メールの受信を制限する場合がありますのでご注意ください。
  • 監視システムから送付されるメールは本オプションをご利用いただけません。監視システムと連携する場合は、運用サービスのインシデントAPIをご利用ください。
  • 本オプションではメールの到達性、到着時間を保証することはできません。
  • お客様側でメールの送信に失敗した場合は、メールを再送していただく必要があります。