ユーザのログイン条件を統合Windows認証にする

ユーザのログイン条件方法を統合Windows認証にします。統合Windows認証を利用するためには、ログインポリシーの外部IDプロバイダ認証を選択します。

  1. 「システム」の「セキュリティの設定」をクリックします。


  2. 「ログインポリシー」をクリックします。


  3. 「ログインポリシーを新規に追加する」をクリックします。


  4. 以下の項目を入力し「更新する」をクリックします。

    項目内容
    ポリシー名ポリシーの名前を指定します
    ログイン条件このポリシーでの信頼するネットワーク内及びネットワーク外のログイン条件を指定します
    割り当てるグループポリシーに割り当てるグループを指定します

    統合Windows認証を行う場合は、ログイン条件に以下のいずれかを選択してくださ

    項目内容備考
    外部IDプロバイダ認証外部IDプロバイダでの認証結果を元にログインします 
    外部IDプロバイダ認証+SmartKey 認証外部IDプロバイダの認証後、IIJ SmartKeyアプリを利用した多要素認証を行ってログインします

    外部サービス連携オプションまたは統合Windows認証オプションのいずれか、及び多要素認証オプションが必要です

    また、外部IDプロバイダの登録が必要です。詳しくは「外部IDプロバイダを追加する」をご覧ください

    外部IDプロバイダ認証 + メールワンタイムパスワード認証外部IDプロバイダの認証後、通知先メールアドレスに届くワンタイムパスワードを利用した多要素認証を行ってログインします

    外部サービス連携オプションまたは統合Windows認証オプションのいずれか、及び多要素認証オプションが必要です

    また、外部IDプロバイダの登録が必要です。詳しくは「外部IDプロバイダを追加する」をご覧ください

  5. 作成したログインポリシーの優先順位を、矢印ボタンをクリックして変更します。

    【参考】

    • ログインポリシーの適用は優先順位の上位から評価されます。該当のユーザが割り当てられたグループに所属していれば、そのポリシーのルールが適用されます。
    • 複数のポリシーに該当するユーザは、最も優先度の高いポリシーのルールのみが適用されます。