ユーザのログイン条件を統合Windows認証にする

ユーザのログイン条件方法を統合Windows認証にします。統合Windows認証を利用するためには、ログインポリシーの外部IDプロバイダ認証を選択します。

  1. 「システム」の「セキュリティの設定」をクリックします。


  2. 「ログインポリシー」をクリックします。


  3. 「ログインポリシーを新規に追加する」をクリックします。


  4. 以下の項目を入力し「更新する」をクリックします。

    項目内容入力例備考
    ポリシー名ポリシーの名前を指定します外部IDプロバイダ
    ログイン条件

    ログインするときの条件を指定します

    外部IDプロバイダで認証を行う場合は、「外部IdP」を選択してくださ

    詳しくは「ログインポリシーのログイン条件について」をご覧ください
    外部IdP

    以下の認証要素と組み合わせる場合は、多要素認証オプションの契約が必要です

    • FIDO2
    • メールOTP
    • デバイス証明書
    • SmartKey
    割り当てるグループポリシーに割り当てるグループを指定しますグループA


  5. 作成したログインポリシーの優先順位を、矢印ボタンをクリックして変更します。

    【参考】

    • ログインポリシーの適用は優先順位の上位から評価されます。該当のユーザが割り当てられたグループに所属していれば、そのポリシーのルールが適用されます。
    • 複数のポリシーに該当するユーザは、最も優先度の高いポリシーのルールのみが適用されます。