エクスポートされるユーザ及びグループの削除について

本サービスのユーザ及びグループを削除すると、Office 365へのID同期によって次の通りになります。

【参考】

Directory Syncを利用してActive Directoryから本サービスにユーザを同期している場合については、「IIJ IDサービス Directory Sync マニュアル【Windows Active Directory版】」の「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。

本サービスのユーザユーザの操作Office 365側での挙動備考
ユーザ削除待ち

ブロック状態となる

ライセンスが削除される

本サービスのユーザを削除待ちから復元すると、Office 365側ではブロックが解除されます
削除済み

ブロック状態となる

ライセンスが削除される

本サービスでユーザを再作成する(同じIDのユーザを作成する)場合、Office 365上のブロック状態のユーザを削除する必要があります
グループ削除済み削除される