統合Windows認証オプション

概要

本サービスへのログイン時に統合Windows認証が利用できます。

統合Windows認証を利用することで、ユーザはActive Directory上の認証情報で連携サービスにログインできます。また、統合Windows認証マルチリージョンオプションを追加で契約することで、本サービスの統合Windows認証用設備を複数のリージョンに構築することができます。

【注意】

IIJ IDサービス 統合Windows認証オプションをご利用いただく場合は、以下のサービス契約が必要です。

  • IIJプライベートバックボーンサービス

また、お客様の環境によって、以下のサービス契約などが必要になる場合があります。

  • IIJプライベートアクセスサービス
  • IIJ Omnibusサービス VPNモジュール
  • IIJ Omnibusサービス WANモジュール

サービス契約についての詳細は、弊社営業担当までお問い合わせください。

【参考】

IIJディレクトリサービス for Microsoft のActive Directoryとも認証連携できます。

サービス契約をご希望の場合は、弊社営業担当までお問い合わせください。