アクセストークンの更新

Direcotry Sync、Password Sync、IIJ IDサービスAPIなどに設定する、アクセストークンを更新します。

アクセストークンには有効期限があります。有効期限が切れた場合には、IIJ IDへの同期や接続ができなくなります。

アクセストークンの有効期限を確認する場合、及びアクセストークンを更新する場合は、以下の手順で更新してください。

1.アクセストークンの有効期限の確認

利用中のアクセストークンの有効期限を確認します。

  1. 「IIJ IDコンソール(https://www.auth.iij.jp/console/)」に「IIJ IDサービスに接続するIIJ IDユーザの準備」で用意したユーザでログインします。
  2. 」の「アクセストークンの管理」をクリックします。
  3. 「アクセストークン」に表示されている発行済みのアクセストークンの「有効期限」を確認します。
2.新しいアクセストークンの発行

発行方法については、「アクセストークンの発行」をご覧ください。

3.新しいアクセストークンの反映

新たに発行したアクセストークンを反映します。
利用先ごとの設定方法については、以下のページをご覧ください。

利用先URL
Directory Sync(Windows Active Directory版)https://manual.iij.jp/iid/DirSync-WinAD/11240741.html
Password Sync(Windows Active Directory版)https://manual.iij.jp/iid/PassSync-WinAD/9054203.html
Directory Sync(Linux OpenLDAP版)https://manual.iij.jp/iid/DirSync-LinuxLDAP/9054461.html
IIJ IDサービスAPIhttps://manual.iij.jp/iid/iidapi/19000962.html
4.動作確認

新しいアクセストークンを利用した処理が正常に行われるかを確認します。

5.古いアクセストークンの失効

セキュリティ上の観点から、不要になったトークンは失効することを推奨します。
失効方法については、「アクセストークンの失効」をご覧ください。

【注意】

新しく発行したアクセストークンを失効しないよう、十分注意してください。