Azure AD(Office 365)とのプロビジョニング設定をする

IIJ IDコンソールで、Office 365 / Dynamics 365アプリケーションとのプロビジョニングに必要な設定をします。

この設定を行うと、本サービスのOffice 365 / Dynamics 365アプリケーションの利用者情報がOffice 365(Azure AD)にエクスポートされます。

  1. 「アプリケーション」の「アプリケーションの管理」をクリックします。


  2. 「Office 365 / Dynamics 365」の「編集する」をクリックします。


  3. 「基本設定」をクリックします。


  4. 表示するアイコンを「表示するアイコンの選択」から選択し、「基本設定を更新」をクリックします。

    ※表示するアイコンをいずれも選択していない場合は、ユーザのマイアプリケーション上にアイコンが表示されません。



  5. 「プロビジョニング設定」をクリックします。


  6. 「プロビジョニングを行う」をクリックします。


  7. 「有効にする」をクリックします。


  8. ディレクトリIDを入力し、「ディレクトリIDを更新する」をクリックします。
    ディレクトリIDの取得方法については「ディレクトリIDを確認する」をご覧ください。


  9. 「PowerShellスクリプトのダウンロード」をクリックします。


  10. Windows端末上でPowerShellを起動します。

  11. PowerShellスクリプトを以下のコマンドを例に実行します。

    実行例

    PS> powershell -ExecutionPolicy bypass -File '.\setup_graph_api.ps1'
  12. 「テスト」をクリックして、「Azure ADサービス応答 」「プロビジョニングAPI登録 」がともに成功することを確認します。


 

【参考】

本サービスからAzure ADへエクスポートを行うだけの場合は、インポートの設定は必要ありません。

Azure ADからIIJ IDサービスへアカウントをインポートしたい場合は、「インポート設定をする」をご覧ください。