モバイルアクセス

モバイルアクセスおよびIIJモバイルサービス/タイプIは、閉域網を介して各種サービス機能を利用するためのIoT専用のSIMを提供します。

  • IoTサービスプラットフォームとインターネットへの接続が可能です。

  • IoTサービスプラットフォームへはインターネットへ出ない閉域網となります。センサーデータを収集するネットワークは閉域網になるため、通信の秘匿性を高め、インターネットから悪意あるアクセスに晒される心配もありません。

  • コントロールパネルを利用して1枚からオンラインでSIMの申し込みが可能です。また、通信の停止などの設定変更、通信量を閲覧などが可能です。

  • NTTドコモ提供のSIMに加え、IIJの提供するフルMVNO「IIJモバイルサービス/タイプI」を利用してIoTサービス機能を利用できます。
    フルMVNOでは、回線の中断・再開操作によるモバイル利用料金のコスト圧縮、海外ローミング対応、ChipSIMSoftSIMeSIMなどの幅広い用途でご利用いただけます。

 


モバイル通信の仕様

モバイル通信の仕様は以下の通りです。
  • 通信可能エリア
    • NTT docomo LTEエリア、3Gエリア
  • SIMカード形状
    • 標準、マイクロ、nano 3つの形状に対応したマルチSIM
    • IIJモバイルサービス/タイプI の場合、ChipSIMSoftSIMeSIM 提供も可能
  • 通信規格
    • LTE、LTE Cat.M1(LTE-M)、3G
  • 通信速度
    • LTE: 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps
    • LTE Cat.M1(LTE-M): 下り最大300kbps 上り最大375kbps
    • 3G: 下り最大14.4Mbps 上り最大5.76Mbps
  • 通信速度制限
    • なし

記載の速度は規格上の最大の通信速度です。最大通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。
通信環境や混雑状況により通信速度が変化する可能性があります。また通信速度は端末の仕様により異なります。

IIJは、LPWA(Low Power Wide Area)の1つで、通信エリアが広く低消費電力のためIoTに適した無線通信方式「LoRaWAN®」へも取り組んでいます。詳細は、IIJ LoRaWAN®ソリューションをご覧ください。

 


APN設定

IIJ IoTサービス専用SIMカードを挿入したゲートウェイデバイスに対して、以下のAPNを設定してください。

モバイルアクセス/タイプDIIJモバイルサービス/タイプI
APNiot.iijmobile.jph.iijmobile.biz
ユーザ名mobile@iotmobile@iot
パスワードiotiot
認証タイプCHAP または PAPCHAP または PAP



DNS設定

ゲートウェイデバイスのDHCP機能が有効な場合、DNSは自動取得されます。
DNSを手動で設定する場合は、以下のIPアドレスを設定してください。
DNS10.64.2.11



DNS設定(プライベートモバイルの場合)
プライベートモバイルゲートウェイ、または、IIJモバイル大規模プライベートゲートウェイサービスを利用し、お客様専用のモバイルネットワークを構成している場合、プライベートコネクタで提供されるお客様専用DNSのIPアドレスを指定する必要があります。
ゲートウェイデバイスのDHCP機能が有効な場合、DNSは自動取得されます。
DNSを手動で設定する場合は、コントロールパネルの プライベートモバイルゲートウェイ画面 に表示されるDNSアドレスの値を設定してください。
 

NTP設定

ゲートウェイデバイスにNTPを設定する場合は、以下のIPアドレスを指定してください。


NTP10.64.2.12



NTP設定(プライベートモバイルの場合)

プライベートモバイルゲートウェイ、または、IIJモバイル大規模プライベートゲートウェイサービスを利用し、お客様専用のモバイルネットワークを構成している場合、プライベートコネクタで提供されるお客様専用NTPのIPアドレスを指定する必要があります。NTPの情報は、コントロールパネルのプライベートコネクタ画面に表示されるNTPアドレスの値を設定してください。

IPアドレス設定(プライベートモバイルの場合)

IoTサービスプラットフォーム機能をご利用する場合、端末へのIPアドレスを設定する必要がございます。IIJモバイルサービス/タイプIをプライベートモバイルでご利用の場合、IPアドレスの設定を事前に実施しておく必要があります。