デバイスコントロール画面

デバイスコントロール機能を使用することで、IoTサービスのコントロールパネルから、接続されているデバイスに対して各種操作を行うことができます。
デバイスへは、HTTP/HTTPS、SSHのいずれかの方法で接続できます。

 

メニュー説明

上部メニュー
リクエスト送信

デバイスに対し、HTTP/HTTPSでリクエストを送信します。

コマンド送信

デバイスに対し、SSHでコマンドを送信します。

ビューア

デバイスに対し、HTTP/HTTPSでプロキシします。