データハブ画面

データの転送状況の確認やデータ転送の設定をすることができます。
 

転送先一覧

データ転送先のサーバの情報を設定する画面です。IoTプラットフォームに送信したデータを、ここで設定した転送先サーバに転送することができます。
データ転送では、設定した転送先URLに対し HTTP POST でデータを送信します。

「転送先作成」ボタン転送先を新しく作成できる、転送先作成画面に遷移します。
ID転送先設定に割り当てられるIDを表示します。
転送先名転送先名を表示します。
転送先URL転送先のURLを表示します。
出力フォーマット転送先の出力フォーマットを表示します。
ネットワーク区分転送先のネットワーク区分を表示します。
最終転送結果転送元デバイスより送信したデータが、最後に該当サーバにデータ転送した結果と日時を表示します。
デバイス数転送設定されているデバイスの数を表示します。
「編集」転送先を選択肢、「編集」ボタンを押すと、該当転送先の内容を編集できる、転送先編集画面に遷移します。

 

転送先作成・編集

設定内容

 

ID転送先IDはシステムにより自動的に割り当てられます。
転送先名転送先の名称を入力します。
転送先URL転送先のURLを入力します。
出力フォーマット送信するデータ形式を設定します。「JSON形式」を選択するとJSON形式に変換してデータ転送します。「未加工」を選択するとデータ変換せずに送信したデータ形式そのままでデータ転送します。
転送先ネットワーク転送先のネットワークを選択します。転送先のサーバがプライベートネットワーク内に存在する場合は「プライベート」を、インターネット上に存在する場合は「グローバル」を選択します。 プライベートコネクタ ご契約時のみ入力可能です。
ヘッダ転送時に追加したいHTTPヘッダを入力します。
「接続テスト」ボタン転送先URL で入力したURLの接続テストをします。設定した転送先URLに対し HTTP POST で接続します。問題が無ければ「200 OK」と表示されます。「200 OK」以外が表示された場合は接続に失敗している可能性があるため、URLや転送先サーバの設定をご確認ください。
デバイス選択転送先を設定するデバイスを選択します。
デバイス選択

転送するデバイスを選択します。

操作
「戻る」ボタン転送先一覧に戻ります。
「保存」ボタン設定内容確認画面に遷移します。
「削除」ボタン該当転送先を削除します。

 

転送先設定内容確認

設定内容を確認し、保存します。

設定内容転送先の設定内表を表示します。
選択デバイス一覧選択されたデバイスの一覧を表示します。
「戻る」ボタン

転送先設定画面に戻ります。

「保存」ボタン転送先を保存します。