ゲートウェイデバイスの準備

モバイルデータ通信を行うゲートウェイデバイスの設定が必要です。
5. ゲートウェイデバイス設定も合わせてご覧ください。

 

モバイルデータ通信(3G/LTE)機能がある機器の場合

SIMの挿入

ゲートウェイデバイス機器にSIMを挿入してください。この際、SIMの向きや裏表をお間違えないようご注意ください。

 

ゲートウェイデバイスの起動

必要なケーブル(電源、ディスプレイケーブル、シリアルケーブルなど)を接続し、その後ゲートウェイデバイスの電源を入れてください。

モバイルネットワークの設定

ゲートウェイデバイスのマニュアルに従い、3G/LTE回線の接続設定を行います。 設定に必要なAPNは モバイルアクセス に記載してあります。

モバイル以外のネットワークについて

3G/LTE通信以外の他のネットワーク(有線/無線LANなど)が接続されている場合、モバイル通信が正しく動作しない場合があります。 接続されている場合は、ネットワークを切断(ケーブルを抜くなど)してください。

再起動

ゲートウェイデバイスの設定が終わったら、念のため機器を一度再起動してください。

 

モバイルデータ通信(3G/LTE)機能がない機器の場合

モバイルデータ通信を行うための機器が別途必要です。 ここでは、USB接続の3G/LTE通信アダプタ(通称USBドングル)を使用して通信を行う方法を記載いたします。

SIMの挿入

USBドングルにSIMを挿入してください。この際、SIMの向きや裏表をお間違えないようご注意ください。

 

USBドングルの接続

ゲートウェイデバイスにUSBドングルを接続してください。

ゲートウェイデバイスの起動

必要なケーブル(電源、ディスプレイケーブル、シリアルケーブルなど)を接続し、その後ゲートウェイデバイスの電源を入れてください。

ドライバの導入

USBドングルの機種によっては、ドライバのインストールが必要な場合があります。 詳細はUSBドングルのマニュアルをご参照ください。

モバイルネットワーク・PPPの設定

ゲートウェイデバイス及びUSBドングルのマニュアルに従い、3G/LTE回線の接続設定、ネットワーク設定を行います。 設定に必要なAPNは モバイルアクセス に記載してあります。

モバイル以外のネットワークについて

ゲートウェイデバイスに3G/LTE通信以外の他のネットワーク(有線/無線LANなど)が接続されている場合、モバイル通信が正しく動作しない場合があります。 接続されている場合は、ネットワークを切断(ケーブルを抜くなど)してください。

再起動

ゲートウェイデバイスの設定が終わったら、念のため機器を一度再起動してください。

 

通信テスト

モバイルデータ通信が正しく行えるか、動作テストを行います。 ゲートウェイデバイスで以下の操作を試してみてください。

IPアドレス取得の確認

以下のコマンドを実行してください。:

$ /sbin/ifconfig
モバイル回線のインターフェースのIPアドレスが取得できていることを確認してください。
IPアドレスが取得できていない場合は、モバイルアクセスの設定・ネットワークの設定を改めてご確認ください。
 
DNS設定の確認

以下のコマンドを実行してください。:

 

$ dig gw.iot.iij.jp

 

gw.iot.iij.jp のIPアドレスが取得できることを確認してください。
当該ホストのIPアドレスが取得できない場合は、ネットワークの設定・DNSの設定を改めてご確認ください。
 
データ送信テスト

以下のコマンドを実行してください。:

$ curl -X POST http://gw.iot.iij.jp/v1 –d '{"name": "test", "value": 50 }'
エラーが発生する場合は、タイプミスが無いか改めてご確認ください。また、ファイヤーウォールソフト(iptables, firewalldなど)やSELinuxを使用している場合は、そちらの設定も改めてご確認ください。