データハブ

データハブは、Gateway API で受信したセンサーデータを外部システムへ転送する機能です。
転送先をデバイス単位でコントロールすることが可能になるため、ゲートウェイデバイス側の送信先を IoTサービスにしておけば、いつでも送信先を制御・変更することができます。
また、データハブで外部転送する際に HTTPS にプロトコル変換することで、ゲートウェイデバイスにかかる暗号化処理をプラットフォーム側へオフロードすることが可能です。

対応プロトコル
センサーデータ送信時プロトコル(Gateway API 参照)データハブ転送時プロトコル
HTTPHTTP/HTTPS
TCPHTTP/HTTPS
UDPHTTP/HTTPS

データハブ仕様

  • IoTサービスプラットフォームで受信したデータを、コントロールパネルのデータ転送先設定で設定した内容に基づき転送が行われます。
  • 受信したリクエストボディとリクエストヘッダが HTTP POST で転送先に送信されます。
  • 転送先に接続できない場合や、転送先から一定時間応答がない場合はタイムアウトします。再転送処理は行われません。
  • 転送先から異常を示す HTTP ステータスコードを返しても再転送処理は行われません。
  • リクエストヘッダは、コントロールパネルのデータ転送先設定で設定した項目が追加され転送されます。
  • 出力フォーマットは、「未加工」「JSON形式」の2つの保存形式を選択できます。
  • テキストデータまたはバイナリデータに対して「未加工」を指定した場合、送信データのまま転送されます。
  • テキストデータで「JSON形式」を指定した場合、以下のフォーマットで転送されます。
{
    "timestamp": (受信時刻:unix時刻形式),
    "serviceCode": "(iotサービスコード)",
    "id":"(デバイスID)",
    "simId":"(電話番号)",
    "destination":"(転送先URL)",
    "payload":"(転送データ)"
}
項目説明
timestampIoTサービスが受信した時刻が設定されます。
serviceCodeIIJ IoTサービス の契約 ID
idシステム上でデバイスを一意に識別するための「デバイスID」
simId電話番号
destinationデータハブ「転送先設定」で指定した送信先アドレス
payloadゲートウェイデバイスから送信したセンサデータ

※「IIJモバイルサービス/タイプI」ご利用の場合「simId」は付与されません。

注意事項

  • 転送処理の順序は前後する場合があります。したがって後から受信したデータが先に転送される場合があります。
  • 転送先にて送信順序を把握したい場合は、ゲートウェイデバイスからデータを送信する際に「timestamp」を付与することで確認できます。

データ転送時の転送元 IP アドレス

外部システムへの転送はインターネット経由で行われます。
データ転送先でアクセス制限などを行う場合は、以下のIPアドレスを設定してください。

転送元 IP アドレス
160.13.190.72
160.13.190.73

プライベートコネクタをご契約いただき、プライベートネットワークを介してデータ転送を行う場合、お客様専用のゲートウェイ IP アドレスがデータ転送元 IP アドレスです。
お客様専用のゲートウェイ IP アドレスは プライベートコネクタ画面 の情報を参照ください。

ミラーリング機能

1つのデバイスから発生するセンサーデータを、複数のシステムへミラーリングして転送できます。
シンプルなデータのバックアップ用途に加え、検証・本番環境の両システムにセンサデータを転送して利用用途を分けるなどの使い方ができます。

利用シーン

1つのデバイスから発生するセンサデータを、東日本と西日本の2つのシステムへミラーリングして転送しバックアップとして保管できます。


検証システムと本番システムにミラーリングしてデータを転送することで、1つのデバイスで 検証・確認用途、本番用途の2つを同時並行で稼働させられます。