データハブ

IoTサービス Gateway APIで受信したセンサーデータを外部システムへストリーム転送する機能です。
転送先をデバイス単位でコントロールすることが可能になるため、ゲートウェイデバイス側の送信先をIoTサービスにしておけば、いつでも送信先を制御・変更することができます。
また、データハブで外部転送する際にHTTPSにプロトコル変換することで、ゲートウェイデバイスにかかる暗号化処理をプラットフォーム側へオフロードすることが可能です。

対応プロトコル

センサーデータ送信時プロトコル
Gateway API 参照)
データハブ転送時プロトコル
HTTPHTTP/HTTPS
TCPHTTP/HTTPS
UDPHTTP/HTTPS

 

データハブ仕様

  • IoTサービスプラットフォームで受信したデータを、コントロールパネルのデータ転送先設定で設定した内容に基づき転送が行われます。
  • 受信したリクエストボディとリクエストヘッダが HTTP POST で転送先に送信されます。
  • 転送処理は、リアルタイムに行われることを保証しておりません。
  • 転送先に接続できない場合や、転送先から一定時間応答がない場合はタイムアウトします。再転送処理は行われません。
  • 転送先から異常を示すHTTPステータスコードを返しても再転送処理は行われません。
  • ゲートウェイデバイスから送信された順序で転送処理が行われることを保証しません。送信順序を把握したい場合は、ゲートウェイデバイスからデータ送信する際にtimestamp情報を付与することで、その情報を転送先で受け取ることができます。
  • リクエストヘッダは、コントロールパネルのデータ転送先設定で設定した項目が追加され転送されます。
  • 出力フォーマットは、「未加工」「JSON形式」の2つの保存形式を選択できます。
  • テキストデータで「未加工」を指定した場合、または、バイナリデータの場合は、送信データのままで転送されます。また、テキストデータで「JSON形式」を指定した場合は以下のフォーマットで転送されます。  
     
{"timestamp":(受信時刻:unix時刻形式),"serviceCode":"(iotサービスコード)","id":"(デバイスID)","simId":"(電話番号)","destination":"(転送先URL)","payload":"(転送データ)"}
項目説明
timestampIoTサービスが受信した時刻が設定されます。
serviceCodeIIJ IoTサービスの契約ID
idシステム上でデバイスを一意に識別するための「デバイスID」
simId電話番号(※「IIJモバイルサービス/タイプI」ご利用の場合は、simIdは付与されません)
destinationデータハブ「転送先設定」で指定した送信先アドレス
payloadゲートウェイデバイスから送信したセンサーデータ

 

 

データ転送時の転送元IPアドレス

外部システムへの転送はインターネット経由で行われます。

データ転送先でアクセス制限などを行う場合は、以下のIPアドレスを設定してください。
転送元IPアドレス210.128.13.55
210.128.13.56

また、プライベートコネクタをご契約いただき、プライベートネットワークを介してデータ転送を行っている場合、お客様専用のゲートウェイIPアドレスがデータ転送元IPアドレスとなります。
お客様専用のゲートウェイIPアドレスはプライベートコネクタ画面の情報を参照ください。

 

 

ミラーリング機能

1つのデバイスから発生するセンサーデータを、複数のシステムへミラーリングして転送することが可能です。シンプルなデータのバックアップ用途に加え、検証・本番環境の両システムにセンサーデータを転送して利用用途を分けるなどの使い方が可能です。

利用シーン

1つのデバイスから発生するセンサーデータを、東日本と西日本の2つのシステムへミラーリングして転送しバックアップとして保管できます

 

検証システムと本番システムにミラーリングしたデータを転送することで、1つのデバイスで 検証・確認用途、本番用途の2つを同時並行で稼働させることが可能です