プライベートコネクタ

プライベートコネクタは、IoTサービスプラットフォームとお客様システムをプライベートネットワークで接続するゲートウェイ機能を提供します。
IIJ GIO、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどのクラウドサービスや、お客様のオンプレミス環境と接続してIoTサービスの機能を利用することが可能です。

お客様システムとの接続に際しては、プライベートコネクタの他に、各種接続サービスとの連携が必要になります。



利用シーン1

お客様工場内はWifi経由でデータを集約し、集約した工場内のシステムからWAN/VPN経由でデータ送信する場合にプライベートコネクタが利用できます。
モバイルネットワークでは送信するにはセンサーデータのサイズが大きい場合や、工場設備の都合でモバイルネットワークが利用できない場合に有効です。
また、各種クラウドサービスから接続することも可能になるため、一度クラウド上でデータを集約し、そこからIoTサービスへデータ送信することも可能です。

 

 

利用シーン2

データハブ機能は、標準ではインターネット経由でデータ転送を行います。インターネット経由ではなく、プライベートネットワーク経由でデータ転送を行いたい場合、プライベートコネクタを利用可能です。
また、デバイスコントロール機能のHTTP/HTTPS送信、SSHコマンド送信をプライベートネットワーク経由でお客様システム機器に行いたい場合にも、プライベートコネクタを利用可能です。