転送先一覧画面

転送先一覧画面

データ転送先設定の一覧を表示します。IoTサービスプラットフォームに送信したデータを、ここで設定した転送先に転送できます。

「転送先作成」ボタンデータ転送先を追加する場合は「転送先作成」ボタンを押下します。
ID転送先設定に割り当てられる ID を表示します。
転送先名転送先を表示します。
転送先URL転送先 URL を表示します。
転送先サービス転送先サービスを表示します。
認証情報認証情報を表示します。
送信形式送信形式を表示します。
最終転送結果転送元デバイスより送信したデータが、最後に該当転送先にデータ転送した結果と日時を表示します。
デバイス数転送設定されているデバイスの数を表示します。
「編集」ボタン転送先を選択し「編集」ボタンを押下すると、該当する転送先の「転送先設定」画面に遷移します。

転送先設定画面

転送先設定
共通項目
IDID はシステムにより自動的に割り当てられます。
転送先サービス転送先サービスを選択します。
転送先名転送先の名称を入力します。
Azure

転送先URL転送先の URL を入力します。
送信形式送信するデータ形式を設定します。「JSON形式」を選択すると JSON 形式に変換してデータを転送します。「未加工」を選択するとデータを変換せずに送信されたデータ形式のままデータを転送します。
認証情報「認証情報設定」で作成した認証設定を選択します。
デバイス選択転送先を設定するデバイスを選択します。
AWS

転送先URL転送先の URL を入力します。
送信形式

「JSON形式」固定です。

認証情報「認証情報設定」で作成した認証設定を選択します。
デバイス選択転送先を設定するデバイスを選択します。
デバイス選択

転送する対象のデバイスを選択します。

操作
「戻る」ボタン入力内容を破棄して転送先一覧画面に戻ります。
「保存」ボタン「転送先設定内容確認」画面に遷移します。
「削除」ボタン該当する転送先を削除します。

転送先設定内容確認画面

設定内容転送先の設定内容を表示します。
選択デバイス一覧選択したデバイスの一覧を表示します。
「戻る」ボタン転送先編集画面に戻ります。
「保存」ボタン転送先を保存します。