クラウドアダプタ

IoTサービスで受信したセンサーデータを外部クラウドサービスへ転送する機能、および、外部のMQTTブローカーへの接続機能を提供します。
Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureへの接続時に必要になるゲートウェイデバイス上の認証情報や接続クライアント機能をクラウドアダプタが代替します。
データハブで提供しているデータ転送先の一元管理、暗号化処理のオフロード、ミラーリング転送機能に加え、認証情報の一元管理、クラウドサービス接続クライアント機能を提供します。

 

 

 

対応クラウドサービス

クラウドサービスサービス名称認証方式接続プロトコルサービス制限・制約
Azure

IoT HubセキュリティトークンHTTPS外部サイト(IoT Hub)
Event HubsセキュリティトークンHTTPS外部サイト(Event Hubs)
AWSAWS IoTx.509証明書HTTPS
MQTTS
外部サイト(AWS IoT)

 

HTTP転送仕様

  • IoTサービスプラットフォームで受信したデータを、コントロールパネルのデータ転送先設定で設定した内容に基づき転送が行われます。
  • センサーデータのクラウドへのアップロードに対応する機能です。AWS IoTのデバイスシャドウ、Azure IoT Hubsのデバイスツインなどのデバイス管理には対応していません。
  • 受信したリクエストボディとリクエストヘッダが HTTP POST で転送先に送信されます。
  • 転送処理は、リアルタイムに行われることを保証しておりません。
  • 転送先に接続できない場合や、転送先から一定時間応答がない場合はタイムアウトします。再転送処理は行われません。
  • 転送先から異常を示すHTTPステータスコードを返しても再転送処理は行われません。
  • ゲートウェイデバイスから送信された順序で転送処理が行われることを保証しません。送信順序を把握したい場合は、ゲートウェイデバイスからデータ送信する際にtimestamp情報を付与することで、その情報を転送先で受け取ることができます。
  • 出力フォーマットは、「未加工」「JSON形式」の2つの保存形式を選択できます。ただし、AWS IoTについては「JSON形式」のみ選択できます。
  • テキストデータで「未加工」を指定した場合、または、バイナリデータの場合は、送信データのまま、
    テキストデータで「JSON形式」を指定した場合は以下のフォーマットで転送されます。  
     
{"timestamp":(受信時刻:unix時刻形式),"serviceCode":"(iotサービスコード)","id":"(デバイスID)","simId":"(電話番号)","destination":"(転送先URL)","payload":"(転送データ)"}
項目説明
timestampIoTサービスが受信した時刻が設定されます。
serviceCodeIIJ IoTサービスの契約ID
idシステム上でデバイスを一意に識別するための「デバイスID」
simId電話番号(※「IIJモバイルサービス/タイプI」ご利用の場合は、simIdは付与されません)
destinationデータハブ「転送先設定」で指定した送信先アドレス
payloadゲートウェイデバイスから送信したセンサーデータ

 

MQTT接続仕様

クラウドアダプタのMQTT接続の仕様は以下の通りです。
クラウドアダプタは受け取ったMQTTのメッセージをそのまま外部クラウドサービスへ転送します。
各クラウドサービス独自の制限を設けている場合がございますので、ご利用できる機能の範囲は各クラウドサービスの制限をご確認下さい。

項目説明
バージョンMQTT v3.1.1
QoS ※1QoS 0,1,2 対応
keepalive ※2

制限を設けていません

will対応
clean session対応
retain対応

※1 クラウドサービスの制限によってはメッセージが届かない場合がございますので、QoS 1,2の到達保証は致しません。予めご了承下さい。
※2 セルラー通信の断が発生した場合、keepaliveを設定していてもTCPのセッションが切断されます。常時接続する場合は、デバイス側に再接続の機構を導入することを推奨します。


データ転送時の転送元IPアドレス

外部クラウドサービスへの転送はインターネット経由で行われます。

データ転送先でアクセス制限などを行う場合は、以下のIPアドレスを設定してください。
転送元IPアドレス210.128.13.55
210.128.13.56