データストレージ

センサーデータを蓄積するためのクラウドストレージを提供します。蓄積したデータを後から取り出すなど、コントロールパネルやAPIをインターフェースにしてストレージ上のデータにアクセスできます。
データストレージのより詳細な仕様は、「4.データストレージ」に記載しております。

 


データストレージの仕様

  • テキストデータ送信、バイナリデータ送信の場合
    • 蓄積先に指定できるバケットは1つになります。
    • ファイルは、バケット配下の「/data/(YYYY)/(MM)/(DD)」フォルダ配下に蓄積されます。
    • データストレージへのデータ蓄積は、すべてのセンサーデータを集約した1ファイルを、設定した時間の間隔で生成します。(初期設定は10分に1回)
    • 出力フォーマットは、「未加工」「JSON形式」の2つの保存形式を選択できます。
    • 「未加工」を指定した場合、テキストデータは送信データのままファイル出力、バイナリデータはBase64形式でエンコードされてファイル出力されます。
    • 「JSON形式」を指定した場合は以下のフォーマットでファイル出力されます。
{"serviceCode":"(iotサービスコード)","timestamp":(受信時刻:unix時刻形式),"id":"(デバイスID)","simId":"(電話番号)","payload":"(送信データ)"} 
項目説明
serviceCodeIIJ IoTサービスの契約ID
timestampIoTサービスが受信した時刻が設定されます。
idシステム上でデバイスを一意に識別するための「デバイスID」
simId電話番号(※「IIJモバイルサービス/タイプI」ご利用の場合は、simIdは付与されません)
payloadゲートウェイデバイスから送信したセンサーデータ
バイナリデータを送信した場合は、Base64形式でエンコードされます
  • ファイルデータ送信の場合
    • 蓄積先に指定できるバケットは1つになります。
    • ファイルは、バケット配下の「/files/(YYYY)/(MM)/(DD)」フォルダ配下に蓄積されます。
    • データストレージへのデータ蓄積は、送信したファイル単位で保存されます。
    • ファイル名は、「(保存日時:yyyyMMddHHmmssSSS)-(デバイスID)-(送信時の元ファイル名)」で保存されます。


利用シーン1:データストレージ上にデータのバックアップをとる

データハブ機能を利用してお客様システムへデータを送信しながら、元データを安価なストレージへ蓄積することができます。

利用シーン2:データストレージに動画ファイルを補完する

ネットワークカメラの生成する動画ファイルを安価なデータストレージに蓄積しておくことが可能です。
加えて、プライベートモバイルゲートウェイのSIM間通信を利用し、ネットワークカメラのライブ映像を参照することもできます。


利用シーン3:データストレージを介したファイル連携を行う

シンプルなファイル連携の用途にも利用可能です。