デバイスコントロール

デバイスコントロールは、デバイスの制御・リモートメンテナンス向けの機能を提供します。

  • デバイスに対し HTTP/HTTPSリクエストを送信する機能
  • デバイスに対し SSHコマンドを発行する機能
  • デバイスに対し ICMP(Ping)、UDP通信を発行する機能
  • ルータやゲートウェイ機器、ネットワークカメラに対するHTTP/HTTPSプロキシ機能(デバイスビューア)

プライベートネットワーク上にあるデバイスに対し、コントロールパネルまたはWeb APIを介してリクエスト送信、コマンド実行、プロキシアクセスすることが可能です。
この機能を使うことでゲートウェイデバイスのメンテナンスや、お客様システムからデバイスをWebAPIで操作することが可能です。


 

デバイスコントロールの仕様

  • HTTP/HTTPSリクエスト送信機能を利用する場合、お客様のゲートウェイデバイスにHTTP/HTTPSに対応したアプリケーションを起動しておく必要があります。
  • SSHコマンド送信機能を利用する場合、お客様のゲートウェイデバイスにSSHサーバアプリケーション(sshd等)を起動しておく必要があります。また、SSH実行時には接続ユーザ/パスワードの情報が必要となります。設定をする前にゲートウェイデバイスにSSH接続用のユーザを作成してください。
  • SSHコマンド送信機能の認証は、ユーザ/パスワード認証にのみ対応しております。SSH鍵認証には対応しておりません。
  • SSHコマンド実行機能はSSH v2に対応しています。
  • HTTP/HTTPSリクエスト送信、SSHコマンド送信それぞれに対し、同時に実行できるデバイスコントロール操作は10件に制限されています。制限以上の実行は失敗します。
  • HTTP/HTTPSリクエスト送信、SSHコマンド送信実行結果のレスポンス・ボディサイズには制限があります。制限以上のレスポンス・ボディは、制限超過したデータを切り捨てたかたちでレスポンスデータを返します。
  • HTTP/HTTPSリクエスト送信、SSHコマンド送信で一括で指定できるゲートウェイデバイスの数は100までに制限されています。
  • HTTP/HTTPSリクエスト送信、SSHコマンド送信で一定時間以上レスポンスが返ってこない場合、タイムアウトします。
  • プライベートモバイルゲートウェイを契約頂き、お客様専用のモバイルネットワーク内にあるデバイスをデバイスコントロールの対象にする場合、プライベートコネクタのご契約も必須となります。
  • SSH、HTTP/HTTPSの送信元ネットワークアドレスは「10.64.2.0/24」になります。デバイスに対し同ネットワークからのアクセスを許可して下さい。なお、プライベートコネクタをご契約いただき、プライベートネットワークを介してコマンド/リクエストを送信している場合、お客様専用のゲートウェイIPアドレスが送信元IPアドレスとなります。お客様専用のゲートウェイIPアドレスはプライベートコネクタ画面の情報を参照ください。
  • デバイスビューア機能を利用する場合、お客様のゲートウェイデバイス、ネットワークカメラにHTTP/HTTPSに対応したWebアプリケーションを起動しておく必要があります。
  • デバイスビューア機能を利用してゲートウェイデバイスの画面へアクセスした場合、HTTPによるファイルアップロードのサイズは100MBに制限されます。
  • UDP/Ping送信機能はWebAPIのみ対応しています。1回のWebAPIリクエストに対し、1つのデバイスを指定してUDP/Pingを送信することが可能です。

 

機能制約

  • プライベートモバイルゲートウェイ、または、IIJモバイル大規模プライベートゲートウェイサービスを利用し、お客様専用のモバイルネットワーク内にあるゲートウェイデバイスをコントロールする場合、プライベートコネクタのご契約も必須となります。
  • デバイスビューア機能に対応したゲートウェイデバイス、ネットワークカメラは、一部の端末に限定されますので担当営業もしくは お問い合わせフォーム までお問い合わせください

 

利用シーン1

お客様システム上で異常検知した際、デバイスコントロールのWeb API経由でデバイス側へフィードバックするシステムを実現することが可能です。

 

利用シーン2

デバイスコントロールを利用し、一度に複数のゲートウェイデバイスへリクエスト、コマンド送信が可能です。
例えば、メンテナンス時に一括でデータ送信処理を停止させたい場合、再開させた場合などに有効活用できます。

 

利用シーン3

デバイスビューアを利用し、ネットワークカメラなどのWeb画面にアクセスすることで、ライブストリーミング動画の参照等が可能です。